ヨガの資格取得/東京/福岡/名古屋/大阪/オンライン

超美人ヨガ

超美人ヨガ
はじめての方へ
超美人ヨガとは?
コースシステム&料金
ヨガクラス&スケジュール
ヨガインストラクター
超美人ヨガ物語
ひとりひとりの個人の幸せのお手伝いをすること。皆様の幸せが、私たちの幸せ。すべてが1つの幸せになります。


10年以上の実績のヨガインストラクター養成資格(東京、大阪、名古屋、福岡)
これが超美人ヨガの秘密です→卒業生の声(口コミ)>
ヨガの資格5つの安心全額返金保証あり)


ヨガブランド資格W(ダブル)で取得する!

@全米ヨガアライアンス認定RYT

Aヨガプロフェッショナル協会認定RYP

RYPは特許庁に商標登録(登録6467576)されているオリジナルのヨガブランド資格です。


さらにヨガインストラクターよりランクが上のヨガ資格であり、ヨガインストラクターよりも幅広い活動ができる、ヨガプロ協会認定RYPヨガセラピスト資格取得もできます。

※ヨガセラピストの資格を取得し、人々に癒し(いやし)を与える存在になります。


ヨガインストラクター資格取得の卒業生たち


開催場所:

<東京ヨガインストラクター養成資格>
 東京都港区南麻布3-19-13
<名古屋ヨガインストラクター養成資格>
 愛知県名古屋市中区大須4丁目1-18
<大阪ヨガインストラクター養成資格>
 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30
<福岡ヨガインストラクター養成資格>
 福岡県福岡市博多区網場町1-17

全米ヨガアライアンス資格RYTとヨガプロフェッショナル資格RYP

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」は全米ヨガアライアンス認定校(RYS(Registered Yoga School))です。

全米ヨガアライアンス認定の資格RYT(Registered Yoga Teacher)だけでなく、ヨガのプロであることを証明するヨガプロフェッショナル認定協会認定RYP(Registered Yoga Professional)を取得することができます。

さらにヨガ二ドラー指導者養成講座を受講することなどにより、ヨガプロフェッショナル協会認定RYPヨガセラピストの資格取得が可能です。

まずは、ヨガインストラクター養成YTT100とYTT200の受講をご検討ください。

ヨガ二ドラー指導者養成講座
※ヨガ二ドラーで潜在レベルへアプローチし完全な健康(心と身体)を手に入れる!

3か月でヨガインストラクターになれる!
※3か月で新しい自分(超美人:本物のヨギーニ)になる!

ヨガで起業や副業ができる!
※好きを仕事にする!

全米ヨガアライアンス認定資格100%オンライン講座
※オンラインで全米ヨガアライアンス認定資格が取得できます!

全米ヨガアライアンスRYS200ロゴ
YTT100&200
ヨガインストラクター資格YTT350ロゴ
YTT350Integral
ヨガインストラクター資格YTT500ロゴ
YTT500Genuine
ヨガインストラクター資格YTT600ロゴ
YTT600Complete

本物のヨガはすごいんです!


「超美人ヨガ(AnandaYoga)」では、ポーズ中心のエクササイズのようなヨガやストレッチのようなヨガではなく、本物のヨガ、心を中心としたヨガを実践しています。

本物のヨガはすごいんです!

ぜひ本物のヨガを経験してみてください。

いままでと全く違った感覚を得ることができるかもしれません。”ヨガってこうゆうことなんだ”と感じていただけます。

そうした経験を積んでいくことで超美人(本物のヨギーニ)になっていきます。

本物のヨガの実践が超美人への道になります。

ヨガインストラクターになるには?


ヨガインストラクターになるには大切なポイントがいくつかあります。例えば、ヨガの資格取得をメインに考えてしまうと、資格を取得してもヨガインストラクターになるのは難しいかもしれません。

なぜならヨガの資格取得はそれほど難しいものではなく、誰でも比較的簡単にそれを取得できます。しかし、ヨガの資格を取得することと実際にヨガを教えることができるのことは違います。

ヨガインストラクターになるために大切なのはヨガの資格取得ではなく、ヨガをしっかり学ぶこと、ヨガを教えることができるようになることです。これを守ることでヨガインストラクター資格取得で失敗しません

ヨガインストラクターになるためには、ヨガインストラクター養成講座を受講する必要があります。そしてこれが最も大事なのですが、ヨガインストラクター養成講座の選び方です。

ヨガの資格は取得できたが、しっかり本物のヨガが学べていない、本物のヨガを教えることができないといったことにならないように、ヨガインストラクター養成講座は慎重に選びましょう!

最も重要な3つのポイントは、

@少人数(1クラス6名程度)である

A本物のヨガ(心を中心)が学べる

Bヨガマスターから学べる

です。

ヨガインストラクター資格取得の費用は、一般のヨガ教室やヨガスタジオに通うのに比べて高額です。1つ失敗してしまうと損失が大きくなります。したがって、いろんなヨガインストラクター養成講座を受けることはできません。ヨガインストラクター養成講座を選ぶときは上記3つのポイントは必ず確認しましょう。

ヨガインストラクター養成資格で成功するためには、良いヨガインストラクター養成講座を選ぶことが欠かせません。逆に良いヨガインストラクター養成講座を選び、その講座を修了すればヨガの資格を取得できるだけでなく、ヨガインストラクターへの道が自然に開けてきます。講座終了後は自信を持ってヨガを教えることができます。自信を持ってヨガを教えることができます。

そのためにも3つのポイントとともに、良いヨガインストラクター養成講座を見極める方法を知っておきましょう。この方法を理解すれば、あなたに合った素晴らしいヨガインストラクター養成講座を見つけることができます。

最後に繰り返しとなりますが、ヨガインストラクターになるために、そしてヨガインストラクターとして活躍するためには、本物のヨガ(心を中心としたヨガ)がしっかり学べる(少人数) ヨガインストラクター養成講座を選びましょう!

みんなでヨガを学ぶ!


「超美人ヨガ(AnandaYoga)」ではみんなでヨガを学ぶことを重視しています。

クラスでは講師が一方的に話すのではなく、みんなで話し考える時間をとっています。そうすることで同じ目標に向かい、互いに高めあっていくことができます。

1人で学ぶよりもみんなで学ぶほうが楽しいし、より多くのことを習得することができます。みんなで学ぶためには少人数クラスでなければなりません。1クラスの人数が多くなれば多くなるほど、先生が一方的に話すクラスになってしまいます。


そして超美人ヨガでは、みんなでヨガを学ぶ取り組みのひとつとしてヨガインストラクター養成YTT200の卒業エッセイを公開しています。これはヨガインストラクター養成YTT200での1つの課題で、受講生が興味のあるヨガの分野を自らが調べて、それをエッセイ(小論文)という形でまとめ、最後にクラスで発表するというものです。

ヨガインストラクター養成講座の大部分はどちらかと言えば受け身となります。しかしこの課題では受け身ではなく、自主的に学ぶことができます。この課題を通して、ヨガという大きな領域における自らの強みを見つけ、ヨガインストラクターとしての礎としていきます。

さらに、他の受講生のエッセイを読み学ぶことで、自分とは違った視点でのヨガに触れることができ、ヨガ全体に対する理解が広がっていきます。結果として、ヨガにおける自分のヨガブランド構築に役立っていきます。




AnandaYogaのオリジナル

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」では様々なオリジナルがあります。

まずはヨガインストラクター養成講座で使う”AnandaYogaオリジナルテキスト”です。

日本ではまだ伝わっていないヨガの知識や技術がぎっしりつまった非常に貴重なテキストになっています。

ヨガインストラクター養成YTT100とYTT200の共通テキストが1冊、そしてヨガプロフェッショナル養成YTT350、YTT500、YTT600でそれぞれ1冊の計4冊のオリジナルテキストがあります。さらにヨガ二ドラー指導者養成基礎と上級講座でもそれぞれオリジナルテキストが使われます。

オリジナルテキストにより、講座での学びがスムーズに進み、難しいヨガの内容も理解しやすく、さらに卒業後の復習にも役立ちます。オリジナルテキストはヨガインストラクター養成講座にとって無くてはならないものです。

AnandaYogaにおけるオリジナルは、テキストだけでなく、ヨガインストラクター養成YTT100の申込時に購入できるものとして”AnandaYogaオリジナルTシャツ”と”AnanadaYogaオリジナルエコバック”があります。

これらのオリジナルグッズを持つことでヨガインストラクターとして活躍する自分イメージし実現への道を加速していきます。

ヨガ(Yoga)とは?

ヨガ(Yoga)と聞くとあなたは、いろんなポーズを思い浮かべるのではないでしょうか。ほとんどの方は「ヨガ=ポーズ」と思っているのではないでしょうか。実際、私もインドでたくさんのヨガアシュラムを回り、本場のヨガを学ぶまではそう思っていました。

「ポーズがヨガだと・・・・・」

しかし実際には全く違います。

ポーズはヨガ全体の中のほんの小さな一部分にすぎません。本当のヨガは、あなたが考えているより、遥かに大きく、かなり深いものなのです。

「では、あのいろんなポーズは何なのでしょうか?」

あなたが思い浮かべるポーズは、Asana(アーサナ)と呼ばれているものです。繰り返しですが、それらはヨガ科学全体のほんの一部分です。

いろんなポーズをやることがヨガでは全くありません。

ですからヨガスクール、ヨガ教室、ヨガスタジオやスポーツジムなどで、いろんなAsana(ポーズ)をやっているだけでは、実際にはヨガをやっているとはいえません。ポーズをやっているだけでは、エアロビなど他のエクササイズとあまり変わりがないのです。

「あなたは本当にヨガをやっていますか?」

「ただポーズをしているだけではありませんか?」

「ヨガとは何かがわかっていますか?」

ヨガ=ポーズではありません。

「あなたはヨガをやっていると思っているかもしれませんが単にポーズをやっているだけではないですか?」

ヨガと一般的なエクササイズとの違いは、エクササイズが表面的な肉体の部分にとどまることに対して、ヨガはアーサナだけでなく、様々な技術によって、私たちの表面的な部分だけでなく心と体の奥深くまで達することができる点です。

「本物のヨガは心の奥にまで効くのです!」

普段の生活の中では、心の奥深くへ到達することができません。しかし、私たちが抱える多くの問題の根本原因は、心の奥深くにあるのです。

本来のヨガは様々な技術を通して、私たちの心の奥深くへアプローチし、根本的な問題解決に有効なのです。ただし、アーサナ(ポーズ)をやっているだけでは、いつまでたっても表面的な部分だけで、より深い部分へ到達することはできません。

ヨガで人生が変わる!

一般に行われているのは、ヨガという名前はついていますが、本物のヨガとは少し違ったものになっています。ヨガという名前はついているが実際にはヨガではなく、エクササイズやストレッチといったほうがよいかもしれません。

身体を動かし”汗をかく”というのは、わかりやすいので何か効果があったような気持ちになります。しかし、それは一時的なもの、表面的なところで終わってしまっています。根本的な解決にはなっていないのです。

本当のヨガの良さは、汗をかくといったことや、体が柔軟になることではまったくありません。

本物のヨガは(実際には本物も偽物もないのですが・・・)、アーサナなどにより体を動かすこともありますが、それはあくまでも準備的なものです。また結果として体が柔らかくなることはありますが、無理に体を柔軟にしようとはしません。

ヨガの技術的な部分では、アーサナだけでなく、呼吸を使ったプラーナーヤーマ、さらに意識を使うメディテーション(瞑想)などを行います。どちらかと言えばアーサナよりもプラーナーヤーマやメディテーションの方がヨガでは重要な技術になります。

そしてプラーナーヤーマやメディテーションを行っている人でも、ただ行っているだけで、ヨガ全体を理解したうえで、体系的な訓練ができている人は、何年もヨガを実践している人でも少ないようです。間違った使い方をしている人、ヨガインストラクターがたくさんいます。

ヨガの一つ一つの技術はすべてがつながっています。したがって、ただそれを行えば良いというものではなく、体系的に実践することが大切です。

さらに、日常生活での心構えなど、その本質を常に意識することで、健康になるだけでなく、人生が良い方向(本当の幸せ)へ変わっていきます。本物のヨガの力はすごいものがあり、継続的に続けていくことで、自然に人生が良くなってしまいます。

ヨガでは身体も扱いますが、本来は心(こころ)を中心にしたものです。

「本物のヨガは心を中心としたヨガです。」

心(こころ)というと、身体と違い目に見えないし、どうも曖昧(あいまい)で扱いにくいです。そこで分かりやすい、扱いやすい身体から始めましょうというのがハタヨガの考え方です。

しかし、

ヨガの本質は心

です!

したがって、ヨガとは何かを理解するためには「心とは何か?」が分からなければなりません。

心が分からなければ、ヨガは分かりません!

ヨガとは何かについて
"YOGA MIND BODY & SPIRIT"という本から一部分を下記に引用します。

"Yoga is a way of living and being that makes real happiness possible.Yoga is also a science that incorporates a broad range of practices and techniques that can be tailored and adapted to best suit your personal constitution and personality."

要約すると、”ヨガとは本当の幸せを実現するための1つの生活様式である。また、個人の気質や性格にもっとも合致するような、幅広い練習や技術を具体化する科学である。”

少し難しくなってしまいましたが、簡単に言えば、”ヨガとは、個人が本当の幸せを獲得するための科学である。”ということです。

ヨガというと宗教的なものとして間違えられることがあります。しかしそれは宗教やスピリチュアルとは違います。

その大きな違いはヨガは科学であるという点です。

ヨガは科学なので、決められた通りに実践すれば、だれもが同じような効果を得ることができます。それは非常に実践的実用的なものです。

結果として、ヨガとは、”本当の幸せを見つけることができる科学”と言うことができます。

本当の幸せというのがポイントですね!

本当の幸せとは?

本物のヨガを実践していくと、本当の幸せとは何なのかもわかってきます。

ヨガの全体は?

ヨガの全体を理解するには、ヨガの父と呼ばれるPatanjali(パタンジャリ)によって残された「ヨガスートラ」が参考になります。このパタンジャリの教えはヨガ哲学理論でも最も重要なものの1つです。

ヨガスートラにはヨガ八支則(ハ支分)として、8つのプロセスが明記されています(下記)。

  1. Yama(ヤマ)
  2. Niyama(ニヤマ)
  3. Asana(アーサナ)
  4. Pranayama(プラーナーヤーマ)
  5. Pratyahara(プラティアーハーラ)
  6. Dharana(ダーラナー)
  7. Dhyana(ディアーナ)
  8. Samadhi(サマーディ)

スートラでは、Asana(アーサナ)は3番目の項目として入っています。

1と2番目のYama(ヤマ)、Niyama(ニヤマ)については、私たちの日常生活にかかわる行動や心構えが示されています。 いろんなポーズをやるだけではなく、日常生活でどのように過ごすべきなのかが示されています。

これらはヨガの実践者(ヨギー、ヨギーニ)として普段どのように生活していくかの指針です。

ヨガでは日常生活、普段の生活の中でどのように過ごすかが重視されています。日常生活がコントロールできていない状況で、いくらアーサナ(ポーズ)を一生懸命やっても、どんなに難しいポーズができても、それはヨガではありません。難しいポーズができるかどうかはあまり意味がありません。それは単なる自己満足といった低いレベルのものです。

例えば、体操選手を考えてみましょう。

体操選手であれば、ヨガの難しいアーサナ(ポーズ)も簡単にできてしまいます。

それでは体操選手はヨガマスター(熟達者)なのでしょうか?

ヨガとは何かを理解していれば、単にアーサナ(ポーズ)ができてもそれはヨガではないとすぐにわかります。

体操選手など、体が柔軟で強い方は、ほとんどのヨガのアーサナを簡単にできてしまいますがヨガマスターとは呼べません。

ヨガスートラの1番最初にヤマとニヤマといった、日常生活での心構えのようなことが入っているのは非常に興味深いです。

これは一般的なエクササイズとはまったく違っている点です。

アーサナ(ポーズ)だけをやって、あとは好きなように自分勝手に生活する・・・。 

それでは、いくら体が柔軟になっても、いくら難しいポーズができたとしても、それはヨガではありません。それは何の意味もありません、自己満足の域をでません。

4番のPranayamaは調気で呼吸を使った技術、5番目のPratyaharaは制感、6番目のDharanaは集中力を高めること、7番目のDhyanaは瞑想となります。最後の8番目のSamadhi(サマーディ)というのは、簡単に言えば、瞑想により集中力が最大限に高まった状態です。

この8番目のサマーディはヨガの目的といってもよいでしょう。

サマーディは実際に体験してみないとわからないものです。

それは究極の精神状態とでもいえるのでしょう。

ここまで見てみると、ヨガとはサマーディにいたるための技術と考えることもできます。

ヨガとは、サマーディにいたるための技術であり、そのサマーディのために最も重要なのが瞑想です。様々なポーズ(アーサナ)は瞑想のための準備ということができます。

実際にアーサナを毎日やることにより、体が柔軟になり、長く1つの姿勢を維持することが容易になります。

そして集中力が高まり、長時間の瞑想ができるようになります。

ヨガの達人、聖人は、ポーズ(アーサナ)などはもはやせず、ひたすら瞑想を行うのかもしれません。 

さらに瞑想する必要もなく、日常生活のあらゆる場面で、瞑想状態にあるのでしょう。

以上は、パタンジャリの教えの基本的な内容です。

そして、ハタヨガ(Hatha Yoga)ではまた違った考えがあります。

パタンジャリの教えとともに、ハタヨガプラディピカなどでハタヨガを学ぶことはインストラクターとして、また実践者としてとても大切になります。

ヨガは科学なので難しい内容はさておき、まずは実践してみることが大切です。

いくら難しいヨガの言葉を覚えても、いくら多くのヨガの知識を蓄えてもそれはあまり意味がありません。

ヨガは100%実践です!

Integral Yoga(統合されたヨガ)

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」では、どのクラスでもヨガの本来の良さを体験するため、体を動かすアーサナ(ポーズ)、呼吸を動かすプラーナーヤーマ、そして意識を動かすメディテーション(瞑想)を行います。

超美人ヨガでは、ヨガを統合的(Integral)に実践しています!

ヨガは単に身体を扱う技術ではなく、私たちの存在全体、心、身体、エネルギーに働きかけ、それらを調和させていくものです。

したがって、ヨガの実践においては、様々な技術を統合して行っていくことが大切です。

超美人ヨガではヨガの様々な技術を統合して、体系的に実践しています。

喜びのヨガ”Ananda Yoga”

「超美人ヨガ」の英名は”Ananda Yoga”です。

心と体を純粋にしていくことで、自分自身が喜びの存在"Ananda"になっていきます。 

そして自分自身が幸せになるだけでなく周りをも幸せにしていきます! 

”超美人”とは本物のヨギーニであり、喜びの存在、"Ananda"です。