ヨガインストラクター資格内容を見極める方法

ヨガインストラクター資格
簡単に内容を見極めるのポイント/方法

ヨガインストラクター資格の内容を見極める方法


ヨガインストラクターの資格を取得するために、数多くあるヨガインストラクター養成資格認定コースの中から、最良の1つを選ばなければなりません。 そして、ヨガインストラクター資格認定コースを選ぶときに最も重視しなければならないのはその内容です。

その内容とは、ヨガインストラクター養成資格認定コースを受講することで、”何を学ぶことができるのか?”ということです。 そのヨガインストラクター養成コースを受けることで、どんな知識が身に付き、どのような技術を習得でき、最終的にヨガインストラクターとして活躍していくのに必要なものを学べるかどうかと言うことです。

あなたはヨガインストラクター養成資格認定コースを開催しているスクールのホームページを見たことがありますか? ほとんどの方はYESと答えるでしょう。 そこであなたは何か気づきませんでしたか?

ほとんどのスクールのホームページはどちらかと言えば、資格取得が中心、または良いイメージを持ってもらうための綺麗な写真などが中心になっていませんか。 そこで実際に何を学べるか、その内容はあまりよくわからないようです。 内容は掲載されていますが、基本的な項目だけというところがほとんどでしょう。

説明会などもあるようですが、どちらかと言えば、内容の詳細の説明ではなく、受講してもらうための勧誘になっているようです。

以上のような状況の中で、ヨガインストラクター養成資格認定コースを受けたことのない人にとって、数多くあるヨガインストラクター資格取得コースの中で、どの講座が良いのか、その内容の良し悪しを見極めるのは簡単ではありません。

そこで誰でも簡単にヨガインストラクター養成の内容の良し悪しを見極めるポイントを紹介します。

全米ヨガアライアンス認定校(RYS: Registered Yoga School)など、ある程度のレベルのヨガインストラクター資格取得コースであれば、学ぶ項目自体に、それほど大きな違いはありません。 但し、各項目の内容については学校によって大きく違ってくるので注意が必要です。 

ここでは以下に、ヨガインストラクター養成資格取得コースの内容の良し悪しを見極める、主要な項目での簡単なチェックポイントを示します。


ヨガインストラクター資格/主要な項目

以下にヨガインストラクター養成資格認定コースを選ぶときに大切な、内容を見極めるポイントおよび方法を各項目ごとに見ていきます。  

まずは項目のなかでも重要なものとしては2つあります。 それは、ヨガ実技とヨガ哲学理論です。 さらに、解剖学生理学、ヨガ指導方法論があり、最後に試験(資格認定テスト)に関する項目について示します。


ヨガの実技

ヨガの実技では、多くのヨガインストラクター資格認定コースでは、アーサナ(Asana)が中心となっています。 もちろんアーサナはヨガの基礎技術としてとても大切です。 しかしヨガインストラクターとして活躍する、ヨガインストラクターとして独立する、またヨガインストラクターとしての自分のブランドを確立するなら、アーサナだけでは十分ではありません。

もしあなたが趣味でヨガをやるというのならアーサナだけでいいかもしれません。 しかし、ヨガインストラクターとして生徒さんの前に立つのなら、アーサナだけでなく、ヨガ全般の幅広い技術の習得が望まれます。

したがって、ヨガインストラクター養成資格認定コースの内容のヨガ実技の分野で、確認しないといけないのは、アーサナ(ポーズ)だけでなくプラーナーヤーマ(調気)メディテーション(瞑想)について学べるか? 

アーサナは大切ですが、アーサナ(ポーズ)に重点を置いたヨガインストラクター資格コースは避けたほうが良いでしょう。 プラーナーヤーマやメディテーションについての理解がなければポーズを教えることができても、ヨガを教えることは難しいです。 そうするとヨガインストラクターではなく、単にポーズを教える”ポーズインストラクター”になってしまいます。

ヨガインストラクターとして、すでに生徒の人たちに教えていたとしても、実際にはヨガではなく単にポーズを教えているだけになっているかもしれません。

ヨガの技術の中で、特にPranayama(プラーナーヤーマ)は重要です。 何種類のプラーナーヤーマが学べるのか確認しましょう! そしてプラーナーヤーマとは何かといった理論もしっかり学べるスクールを選びましょう!

・単にポーズを教える”ポーズインストラクター”になるのか? 
・本物のヨガを教える”ヨガインストラクター”になるのか? 
 この違いは大きい! 

ヨガインストラクターになるのであれば、ポーズが中心のヨガインストラクター養成コースは避けた方がよいでしょう!

単にポーズを教える”ポーズインストラクター”ではなく、本物の”ヨガインストラクター”になるのであれば、プラーナーヤーマやメディテーションもしっかり学べるところを選びましょう!

また、その教室独自の”オリジナルテキスト”があり、そこにそれぞれのアーサナなどの実技項目に関する、実施方法(動き、呼吸、重要なポイントなど)が掲載されているかはチェックしなければなりません。 

”オリジナルテキスト”があるヨガインストラクター養成コースを選ぶ!

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」のヨガインストラクター養成資格認定コースでは、インドのヨガスクールで実際に使われている教材をもとにしたAnandaYogaオリジナルテキスト(約230ページ)を使います。 


ヨガ哲学理論

ヨガインストラクター養成資格取得コースの内容として、もっとも注意しないといけない項目の1つがヨガ哲学理論です。 この項目の内容が薄い学校を選んでしまうと、いろいろ学んだけれど結局”ヨガとは何なのか”がよくわからないままに終わってしまいます。 

ヨガインストラクターとは何でしょうか? 当たり前ですが、ヨガを教える人です。

しかし、昨今はヨガインストラクターのカッコいいイメージだけで、ヨガインストラクターになろうとする人が多くなっています。 もう一度「ヨガインストラクターとは何か?」 また「ヨガインストラクターになって何がしたいのか?」じっくり考えてみることをお勧めします。

自ら考えることで、周りの様々な情報に踊らされることなく、自分に合った最適なヨガインストラクター養成資格認定コースに出会うことができるでしょう!

ヨガインストラクターはヨガを教える人だということは、その教えるべき「ヨガとは何か?」を明確に理解しておかなければなりません。 当たり前のように思われるかもしれませんが、実際にはこれがうまく説明できない人も多いようです。

あなたは、ヨガインストラクターなのに、ヨガとは何かが説明できないのか?と不思議に思われるかもしれません。

なぜヨガインストラクターなのに、ヨガとは何かが説明できないのか? その理由は、現在多くのヨガインストラクターが実際にヨガのクラスで教えているのは、ヨガではないということです。 

ヨガのクラスでヨガを教えていないとはどういうことでしょうか?

ヨガインストラクターは、そもそもヨガとは何かを理解せず、単にポーズを教えているに過ぎないかもしれないということです。 ヨガ=ポーズになってしまっている人が多いのです。 

ヨガ=ポーズでしょうか?

全く違うのです。

もちろんポーズもヨガのクラスでは行います。 先ほども触れたとおりアーサナというある種の姿勢・ポーズはヨガの技術の中で重要なものの1つです。 しかし、あくまでもそれは数多くあるヨガの技術の1つでしかありません。 したがって、ヨガ=ポーズではないのです。

ヨガ=ポーズと考えてしまう大きな原因が、「ヨガとは何か?」がしっかり理解できていないからです。

さらに、同じアーサナを教えるにしても、ヨガとは何かを理解したうえで教えるのか、理解しないで教えるのかでは、指導の仕方そのものが違ってきます。 ポーズインストラクターヨガインストラクターの境目がそこにあると言えます。

次に、「ヨガとは何か?」をしっかり理解するために、大事になってくるのが「心とは何か?」を理解することです。 ヨガとは何かを理解するために、なぜ心とは何かが重要なのでしょうか? 下記をご参照ください。
<心が分からなければ、ヨガは分からない>

結局、ヨガインストラクター養成資格認定コースの内容のうちヨガ哲学理論で、特にチェックすべきなのは「ヨガとは何か?」が明確に学べるか、そして「心とは何か?」が詳しく学べるかという点です。

”心とは何か”が学べるヨガインストラクター養成コースを選ぶ!

さらに身体を使うアーサナと違いヨガ哲学は目に見えないことを学ばないといけません。 したがって、先生の質が非常に重要となります。 あまり良くわかっていない先生から学ぶと、ヨガの本質を理解することはできません。 そのヨガインストラクター養成資格認定コースのヨガ哲学を担当している先生の経歴は必ずチェックしましょう。 ヨガとは関係なくても、大学院(マスターコース)を卒業しているレベルの素養は必要です。

本を何冊か出版している先生から学びましょう。 本が出版できるというのは、その分野に関する専門知識がないとできません。 その先生の著書があるというのは、その分野の専門家である1つの明確な証拠となります。

ヨガの本質を理解している”質の高い先生”から学ぶ!



解剖学生理学
これは、ヨガを指導するにあたり重要な項目の1つですが一般的な解剖学とヨガの解剖学とは違うので注意が必要です。

一般的な解剖学では、筋肉がどうとか、骨がどうといったことを学んでいきます。 それらの知識は果たしてヨガで重要でしょうか? もちろんヨガのアーサナ(ポーズ)などでは関連することもあります。

ヨガインストラクターはヨガの専門家であるべきです。 整体師の方たちとは分野が違います。 ヨガで扱うのは身体だけではありません。 エネルギー(プラーナ)や精神的な部分がより重要となります。

全米ヨガアライアンス認定の講座では、必ず解剖学を学ばなければなりません。 なぜなら全米ヨガアライアンスが学ぶべき項目をしていしており、そこに解剖学が入っているからです。

もちろんヨガインストラクター養成資格認定コースで、解剖学は学ばなければなりません。 しかし解剖学に時間を多くとっているヨガインストラクター養成コースは避けたほうが良いでしょう。 

私たちはヨガインストラクターを目指しており、ヨガを教えるプロフェッショナルにならなければなりません。 身体を扱う整体やストレッチなどを教えるのではありません。 ヨガインストラクターとして学ばなければいけないことは他にたくさんあります。

肉体(表面)レベルのことをいくら学んでも・・・ヨガの本質は理解できません! 
ヨガの解剖学では、肉体的なこと以上に、プラーナチャクラ、またナディスと言った一般的な身体ではなくヨガ独自の体(エネルギー)の考えを理解することが重要になります。


ヨガ指導方法論
実際にヨガを教えることができるようになるという点で重要な項目です。 

理論的な話だけでなく、実践的な内容になっているかどうかがポイントです。 

例えば、1つ1つのアーサナについて、実際に指導する経験ができるかどうか? 
また、実技テストにより1人で1つのクラスを指導する経験を積むことができるかどうか?

これらのトレーニングはヨガインストラクターになるうえで最も重要なものの1つです。 なぜなら実際にヨガインストラクターとして行うことの直接的な訓練になっているからです。 特に1つのクラスを最初から最後までやり通すことは、卒業後もヨガインストラクターとして自信をもって指導していくのには欠かせない訓練です。

ヨガを教えるということは、自分でヨガがきるだけでは十分ではありません。 学んだ技術を生徒さんにうまく伝えなければなりません。 そのヨガインストラクター養成資格取得コースが、ヨガの技術を生徒の方に伝えるための方法論を持っているかどうかは確認しましょう!

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」のヨガインストラクター養成資格取得では、アーサナ(ポーズ)を生徒の方にうまく伝える”3つの指導ポイント”などがあります。 それを学ぶことでヨガ指導経験がない方でも、比較的早くヨガインストラクターとしてクラスを指導することが可能となります。 


資格認定試験(テスト)
あるヨガインストラクター養成資格取得コースでは、試験がまったくないところもあります。 試験をすることなくヨガインストラクターとしての知識技術が身についているかどうかが、どのようにわかるのでしょうか?

試験を受けることは非常に重要です。 
なぜなら、試験を受け、先生から直接評価を得ることで、ヨガインストラクターとして活躍するには、何が必要で、何をさらに学んでいかなければならないか、習得しなければならないかが分かるからです。 試験を受けることで、自分自身のヨガインストラクターとしての能力や適性が明確になります。

ヨガインストラクターの資格認定試験を受けることで、ヨガインストラクターとして自分に何が足りないのか、今後どうしていけばよいのかが分かります。  実技テストや筆記テストは、ヨガインストラクター養成資格取得コースではなくてはならないものです! 

試験がないのは生徒の人たちにとっては楽かもしれません。 しかし、試験も受けずにまた簡単なテストだけで、ヨガインストラクターの資格をとってしまうと、卒業後に苦労することになります。 試験を受け、しっかりと評価してもらうことで、卒業後は自信を持ってヨガインストラクターとして活動できます。

実技テストでは、1人で1つのクラスを実演する機会があるかどうかは確認しましょう。 

ヨガインストラクター資格取得コースの中には、何人かで1つのクラスの実演をしたり、また試験後、実演後に個別に評価をしてもらえないところがあるので注意が必要です。

1人で1つのクラスを実演できる資格認定コースを選ぶ!

実技テストで個別に評価してもらえる資格認定コースを選ぶ!







ヨガ哲学見極めポイント
ヨガ哲学は非常に幅広い分野なので、ヨガインストラクター資格取得コースによって学ぶ内容が大きく変わってきます。 ここで見極めを間違ってしまうとヨガの専門用語はいろいろ出てきたが、結局ヨガとは何なのか良く分からないといったことになってしまいます・・・。

ヨガ哲学の基本は、なんといっても「パタンジャリのヨガスートラ」です。 これを学んでいなければ、ヨガインストラクターとはいえません。 それくらい重要な教典です。

”パタンジャリのヨガスートラ”をしっかり学べるヨガインストラクター資格コースを選ぶ!


そして、このパタンジャリのヨガスートラを学ぶのに重要なポイントが”心とは何か?”を理解することです。。  「心とは何か」とは非常に難しい問いで、ヨガだけでなく様々な分野を学んだ指導者でなければ、生徒の方へ簡潔に説明することはできません。 したがって専門家から学ばなければなりません(専門家であれば何冊かの著書があるはずですのでそれを確認しましょう)。

パタンジャリのヨガスートラを教材として使っている講座であっても「心とは何か」をしっかり学べなければ、結局ヨガとは何かが良く分からないままになってしまいます。

パタンジャリのヨガスートラには、「ヨガとは何か?」の説明はありますが、肝心の「心とは何か?」について明確に述べられてはいません。

ヨガインストラクター養成コース内容の見極め方(ヨガ哲学)
パタンジャリのヨガスートラを教材として使用しているか?
心とは何かをしっかり学べるか?
心とは何かをしっかり教える能力がある先生なのか?

先生がヨガ哲学に関する書籍を出版しているレベルでないと心とは何かは教えられない。 先生の著書を確認しましょう! 書籍を出版していても、それがポーズ中心の場合は、その先生がヨガの本質を教えることができるかは疑問が残ります。

最後にインド政府認定プロフェッショナルヨガ検定に合格できるレベルの内容かどうかは確認しましょう! そこでのポイントは”インド伝統のヨガ”本来のヨガです。 インド伝統のヨガをしっかり学び身につけなければ、インド政府認定プロフェッショナルヨガ検定には合格できません。

全米ヨガアライアンス認定校であっても、ヨガ哲学の時間はあっても、欧米型のポーズ中心のヨガインストラクター養成講座ではインド伝統のヨガが理解できず、結局はポーズを教えるだけのポーズインストラクターになってしまいます。 

世界中で多くの全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクター養成資格認定コースが行われています。 すでに全米ヨガアライアンス認定の資格を取得している人は膨大な数になっているでしょう。 そんな中、ヨガインストラクターとして活躍できる、また生き残っていけるのは、ヨガの本質を理解している人だけです。 最後に残るのは本物のヨガインストラクター、ヨギー、ヨギーニ、超美人だけです。


インド伝統のヨガ、世界基準のヨガを少人数(1クラス6名)でしっかり学ぶ!

<東京ヨガインストラクター養成資格>

<大阪ヨガインストラクター養成資格>

<名古屋ヨガインストラクター養成資格>

<福岡ヨガインストラクター養成資格>

”King of Yoga(ヨガの王道)”
 ここでしか学べないヨガ(Yoga)がある!
<ヨガインストラクター養成資格TOP>



<ヨガインストラクター資格取得で失敗しない選び方>

<ヨガインストラクター資格取得の選び方/考え方>
「超美人ヨガ(AnandaYoga)HOME」