ヨガインストラクター養成資格の哲学理論の内容

ヨガ哲学理論の内容を見極める

ヨガ哲学理論の内容の見極め方

ヨガ哲学理論は非常に幅広い分野なので、ヨガインストラクター資格取得コースによって学ぶ内容が大きく変わってきます。 

ここで見極めを間違ってしまうと、ヨガインストラクター養成コースを受けても、ヨガの専門用語はいろいろ出てきたが、結局ヨガとは何なのか良く分からないといったことになってしまいます。

ヨガ哲学の基本は、なんといっても「パタンジャリのヨガスートラ」です。これを学んでいなければ、ヨガインストラクターとはいえません。それくらい重要なヨガの教典です。

「パタンジャリのヨガスートラ」はヨガを学ぶものにとって最も重要であるといっても過言ではありません。

そして、このパタンジャリのヨガスートラを学ぶのに重要なポイントが「心とは何か?」を理解することです。

「パタンジャリのヨガスートラ」では、まず最初に「ヨガとは何か?」の定義が述べられています。そしてそこでは心という言葉がまず最初に来ています。したがって心が何なのかが分からなければヨガとは何なのかが分からないのです。

「心とは何か?」とは非常に難しい問いで、ヨガだけでなく様々な分野を学んだ指導者でなければ、生徒の方へ簡潔に説明することはできません。したがって専門家から学ばなければなりません(専門家であれば何冊かの著書があるので、それを確認しましょう)。

パタンジャリのヨガスートラを教材として使っているヨガインストラクター養成資格コースであっても「心とは何か?」をしっかり学べなければ、結局ヨガとは何かが良く分からないままになってしまいます。

パタンジャリのヨガスートラには「ヨガとは何か?」の説明はありますが、肝心の「心とは何か?」について明確に述べられてはいません。したがって、心とは何かを学べるヨガインストラクター養成コースを選ばなければなりません。

ヨガインストラクター養成資格コースの選び方は非常に大切です。間違ってしまうとヨガとは何なのかがよくわからないままで終わってしまいます。そこで失敗しないように慎重に選びましょう!


ヨガインストラクター養成コース内容の見極め方(ヨガ哲学)

パタンジャリのヨガスートラを教材として使用しているか?

「心とは何か?」をしっかり学べるか?

「心とは何か?」を教える能力がある先生なのか?

先生がヨガ哲学に関する書籍を出版しているレベルでないと「心とは何か?」は教えられないでしょう。 

必ずその先生の著書を確認しましょう。そして書籍を出版していても、それがポーズ中心の場合は、その先生がヨガの本質を教えることができるかは疑問が残ります。


最後にヨガ哲学理論の内容を見極める方法として、インド政府認定プロフェッショナルヨガ検定に合格できるレベルの内容かどうかは確認しましょう。 

そこでのポイントはインド伝統のヨガである”本来のヨガ”です。 

インド伝統のヨガをしっかり学び身につけなければインド政府認定プロフェッショナルヨガ検定には合格できません。

全米ヨガアライアンス認定校であっても、ヨガ哲学の時間はあっても、ポーズ中心のヨガインストラクター養成講座ではインド伝統本物のヨガが理解できず、結局は、”ヨガインストラクター”ではなく、単にポーズを教えるだけの”ポーズインストラクター”になってしまいます。

世界中で多くの全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクター養成資格認定コースが行われています。すでに全米ヨガアライアンス認定の資格を取得している人(RYT:Registered Yoga Teacher)は膨大な数になっているでしょう。 

そんな中、ヨガインストラクターとして活躍できる、またヨガインストラクターとして生き残っていけるのは、ヨガの本質を理解している人だけです。 

最後に残るのは、本物のヨガインストラクター、本物のヨギーニ(超美人)だけです。

「超美人ヨガ(AnandaYoga)HOME」