プラナーヤーマとは|超美人ヨガ

ヨガのプラナーヤーマ(Pranayama)

ヨガにおけるプラナーヤーマについて

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」に参加されたかたに話を聞くと、よく言われるのが「呼吸がすごい!」と言うことです。 

どうすごいのかとさらに聞くと、「エネルギーが体中を回っていくのがわかる」というのです。 

実際クラスの終了後、多くのかたがそれを感じ、汗はそれほどかいていないにもかかわらず、”こころ”と”からだ”が奥から、すごく気持ちの良い状態になっているようです。

これは超美人ヨガでより綺麗により美しくなれる秘密の1つです。

現在、数多くのヨガ教室、ヨガスタジオがありますが、ヨガのアーサナ(ある種のポーズ)が中心に行われているところがほとんどで、「超美人ヨガ(AnandaYoga)」でやっているような、ヨガの呼吸を使った技術であるプラーナーヤーマをやっているところはあまり無いようです。 

プラーナーヤーマを実践していても、それを間違って行っているヨガ教室やスタジオが多いようです。 プラーナーヤーマはアーサナ以上にそのプロセスや、そのための準備が非常に大切です。 プラーナーヤーマ全体の体系的な理解が必要です。

ヨガインストラクター養成資格コースに参加すれば、いくつかのプラーナーヤーマを学ぶことはできますが、その準備的な技術からしっかりと学べるところは少ないようです。

※プラナーヤーマというのは一般的な呼吸法ではありません。 そこでは呼吸は手段として使い目的はプラーナです。


ヨガはポーズだけではない?!

私たちが一般のヨガ教室などで行ういろんなアーサナ(ポーズ)は、ヨガ科学全体のほんの1部分にすぎません。 アーサナをやっているだけでは、ヨガ本来の良さを味わうことができません。

さらにヨガのすごさはアーサナ(ポーズ)ではなく、プラナーヤーマメディテーション(瞑想)の技術によって体感することができます。


アーサナ(ポーズ)だけでは、なぜ奥まで効かないのか?

ヨガのアーサナ、体を動かすことは、表面的な部分での効果が中心になります。 ヨガ本来の良さである、”こころ”と”からだ”の奥から気持ちよくなるというのは、アーサナだけでは得ることは難しいでしょう。

ではどうすればいいのか?

プラーナーヤーマにより、呼吸を動かすことでより深い部分、”こころ”と”からだ”の奥まで達することができます。 

メディテーション
により、さらに深い部分の不純なものを消していくことができます。


プラーナーヤーマ2つのカテゴリー

超美人ヨガのヨガインストラクター養成資格コースでは、2つのカテゴリーのプラナーヤーマを行います。 

それはPre-Pranayama(準備的なプラーナーヤーマ)とPranayama(本格的なプラーナーヤーマ)です。

多くのヨガインストラクター養成コースでは、準備的な技術であるPre-Pranayamaが行われていません。 

準備的な技術を習得せずに
、いきなりプラーナーヤーマを行っても十分な効果を得ることはできません

ヨガインストラクターとしては、まずは準備的なプラーナーヤーマを習得しましょう。

そうすればプラーナーヤーマを正しく行うことができ、その効果を十分に感じることができます。


超美人ヨガインストラクター養成YTT200資格認定コースで学ぶプラーナーヤを掲載しました(下記)。

準備的なプラーナーヤーマ
 ・Natural breathing(ナチュラルブリージング)
 ・Abdominal Breathing(腹式呼吸)
 ・Thoracic Breathing(胸式呼吸)
 ・Clavicular Breathing(鎖骨呼吸)
 ・Yogic Breathing(ヨギ呼吸)

プラーナーヤーマ
 ・Nadi Shodhana Pranayama(ナディショダナ)
 ・Bhramari Pranayama(ハミングビー)
 ・Ujjayi Pranayama(サイキックブレス)
 ・Kapalbhati Pranayama(カパラバティ)

その他
超美人ヨガでは、身体の動きと呼吸を合わせて行う、パワー系のプラーナーヤーマも実践しています。 体のバランスを意識しながらも、呼吸に合わせて、比較的大きな動作を行う呼吸テクニックです。

注意)
ヨガのアーサナをやるときにも、呼吸を意識しますが(これも大切!)、それは上記のプラナーヤーマとはまた違ったものです。

(※超美人インストラクター養成コースのオリジナルテキストでは、プラーナーヤーマに関する理論や指導方法などさらなる詳細が掲載してあります。)

<ヨガ哲学理論TOP>

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」HOME