Ananda Yoga

ヨガセラピスト資格のヨガ二ドラー指導者養成講座

Ananda Yoga

ヨガ二ドラー指導者養成講座
"Yoga Nidra Teacher Training"


ヨガ二ドラー指導者資格&ヨガセラピスト資格

ヨガ二ドラーとヨガセラピストの資格
ヨガ二ドラー指導者(インストラクター)養成は、ヨガプロフェッショナル協会認定RYPの講座です。

それは、ヨガ二ドラーを指導するヨガインストラクターというだけでなく、ヨガセラピストとしての資格でもあります。

RYPヨガプロフェッショナル協会のブランド資格で特許庁に商標登録されています。

<ヨガ二ドラー(Yoga Nidra)とは?>


ヨガ二ドラー指導者資格

ヨガ二ドラー指導者養成講座は2つ(下記)に分かれています。
※すべてオンライン(Zoom)での講座となります。

ヨガ二ドラー指導者養成”基礎講座”

ヨガ二ドラーの理論を学び、ヨガ二ドラー指導者としての基礎を作ります。
・どなたでも受講できます。
・ヨガインストラクター養成YTT100(できればYTT200)を修了後の受講をお勧めします。
・筆記テストに合格することでヨガ二ドラー指導者養成基礎講座認定証を獲得できます。

※ヨガインストラクター養成YTT200を修了していない方は審査があります。講座についていくためには、全米ヨガアライアンスRYT200レベルのヨガの習得が条件となります。

ヨガ二ドラー指導者養成”実践講座”

ヨガ二ドラーの実技を学び、実際にヨガ二ドラーを教えることができるようになります。
・基礎講座を修了した方が受講できます。
・ヨガインストラクター養成YTT200を修了した方が受講できます。

※ヨガインストラクター養成YTT200修了者は、基礎講座を受講してなくても大丈夫です。

2つの講座を修了(受講および試験の合格)することで、ヨガプロフェッショナル協会認定RYPヨガ二ドラー指導者資格”の取得ができます。

※ヨガプロ協会認定RYPヨガ二ドラー資格保持者と名乗ることができます。
※ヨガレッスンの中で、ヨガ二ドラーの指導が可能となります。
※RYPのブランド資格を利用するには、ヨガプロ協会への入会が必要となります。


ヨガセラピスト資格

ヨガセラピストは、ヨガ二ドラーなどのヨガの技術を使い、私たち人間の潜在部分へアプローチしていきます。そして、潜在レベルにある私たちの根本的な問題を解決します(ヨガセラピー)。結果として、完全な健康(心と身体)を達成します。

ヨガセラピストは、ヨガインストラクターと比べて、単なるヨガのレッスンだけでなく様々な分野(下記)での活動が可能です。

・健康全般
・病気の予防や治療の補助
・若返り
・能力開発や自己実現
・メンタルコーチ、メンタルトレーニングなど

<ヨガセラピスト資格について>

ヨガセラピストは、ヨガインストラクターよりも高度な知識や技術を習得しなければなりません。

私たちの潜在レベルでの問題解決のために、ヨガ二ドラーだけでなく、様々なヨガの技術、特にリラクゼーションやメディテーションに関するものを習得する必要があります。

したがって、ヨガセラピストの資格を取得するためには、その基礎として全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター200レベルの知識や技術、さらにヨガインストラクター養成YTT350の修了が必須です。

※YTT350では、アーサナ、プラーナーヤーマだけでなく、様々なリラクゼーションと瞑想の技術を学びます。

ヨガセラピストの資格を取得するためには、ヨガインストラクター養成YTT100、YTT200、YTT350、そしてヨガ二ドラー指導者養成の2つの講座を修了します。

そうすればヨガプロフェッショナル協会認定RYPヨガセラピスト資格を取得できます。

※ヨガプロ協会認定RYPヨガセラピスト資格保持者と名乗ることができます。
※より幅広い分野での活躍が可能となります。
※RYPのブランド資格を利用するにはヨガプロ協会への入会が必要です。

<ヨガ二ドラー資格認定基準>

下記講座を受講し修了することでヨガ二ドラー指導者資格が取得できます。

@ヨガインストラクター養成YTT100
Aヨガインストラクター養成YTT200
Bヨガ二ドラー指導者養成基礎
Cヨガ二ドラー指導者養成実践

※他校の全米ヨガアライアンスRYT200資格保持者はBとCのみで大丈夫です。


<ヨガセラピスト資格認定基準>

下記講座を受講し修了することでヨガセラピスト資格が取得できます。

@ヨガインストラクター養成YTT100
Aヨガインストラクター養成YTT200
Bヨガ二ドラー指導者養成基礎
Cヨガ二ドラー指導者養成実践
Dヨガインストラクター養成YTT350

※他校の全米ヨガアライアンスRYT200資格保持者はB、C、Dで大丈夫です。

ヨガ二ドラー講座の内容

ヨガ二ドラー指導者養成講座は2つに分かれています。

1つはヨガ二ドラーの理論を学ぶ基礎講座、そしてもう1つはヨガ二ドラーの実技を学ぶ実践講座です。

2つの講座を受講することで、ヨガ二ドラー指導者としての知識と技術を習得でき、ヨガのレッスンの中で、ヨガ二ドラーを教えることができます。

ヨガ二ドラーの実践により、一般的なヨガレッスンと比べ、私たち人間のより深いレベル、潜在レベルへのアプローチが行われます。

心理学などの現代科学でも少しづつ解明されていますが、私たち(人生)に大きな影響を及ぼしているのは、人間の潜在的な部分です。したがって、表面的な部分(身体や顕在意識など)へアプローチするだけでは大きな成果を得ることはできません。

あなたがもし何らかの目的(健康、自己実現、社会的な成功など)を達成したいと考えているなら、潜在レベルへのアプローチが欠かせません。

ヨガ二ドラーの実践により、潜在レベルから自分自身を変えていきます。潜在レベルが良い状態になることで、自然に人生が良い方向へ進みます。目的、目標が自然に達成できます。

これがヨガ二ドラーの秘密です。

※基礎講座から受講を始めることが望ましいですが、YTT200レベル以上の方であれば、実践講座から受講することが可能です。


内容項目

ヨガ二ドラー指導者養成の2つの講座の内容は下記項目からなります。

基礎講座は、理論レッスン1から8を中心に、ヨガ二ドラーの理論を学びます。

実践講座は、実習レッスン1から11を中心に、ヨガ二ドラーの実技を学びます。

基礎と実践講座の共通の項目として、ヨガ二ドラーの科学的研究があります。

これはクラスの進行状況に合わせて学んでいきます。

加えて、両講座において、ヨガ二ドラートレーニングおよびヨガ実践トレーニングが行われます。
※ヨガ二ドラートレーニングではヨガ二ドラーを実際に体験します。
※ヨガ実践トレーニングでは、アーサナ、プラナーヤーマ、瞑想といったヨガの全般的なレッスンを行います。


基礎講座の項目

ヨガ二ドラー理論

Lesson1: リラクゼーションの技術

Lesson2: 心のトレーニング

Lesson3: ヨガ二ドラーの経験

Lesson4: プラチャーハーラ(制感)の過程

Lesson5: ヨガ二ドラーと脳

Lesson6: 無意識のシンボル

Lesson7: 身体と心を越えて

Lesson8: サマーディの出現


実践講座の項目

ヨガ二ドラー実技

Lesson1: 訓練の概要

Lesson2: 一般的な指示

Lesson3: ヨガ二ドラー1

Lesson4: ヨガ二ドラー2

Lesson5: ヨガ二ドラー3

Lesson6: ヨガ二ドラー4

Lesson7: ヨガ二ドラー5

Lesson8: 短いクラス構成

Lesson9: 長いクラス構成

Lesson10: チャクラの映像化

Lesson11: 子供のためのヨガ二ドラー


基礎&実践共通

ヨガ二ドラー科学的研究

Lesson1: 眠り、夢とヨガ二ドラー

Lesson2: 心全体を訓練する

Lesson3: ストレスに対応する

Lesson4: 脳の中心を制御する

Lesson5: 治療への適応

Lesson6: 心身症

Lesson7: 心血管疾患


ヨガ二ドラー指導者資格認定

ヨガ二ドラー指導者資格認定を獲得するためには、2つの講座を受講し、それぞれの試験に合格します。

1.ヨガ二ドラー基礎講座の修了
ヨガ二ドラー指導者養成基礎講座では、講座の最後に筆記テストが行われます。
筆記テストに合格することで、ヨガ二ドラー指導者養成基礎講座認定証を獲得できます。そして実践講座へと進むことができます。

2.ヨガ二ドラー実践講座の修了
ヨガ二ドラー指導者養成実践講座では、講座の最後に実技テストが実施されます。
実技テストに合格することで、ヨガ二ドラー指導者資格認定証が獲得できます。これによりヨガ二ドラー資格保持者として、ヨガのクラスなどでヨガ二ドラーを教えることができます。


ヨガセラピスト資格認定

ヨガセラピスト資格認定を目指す方は、ヨガ二ドラー指導者養成講座だけでなく、ヨガインストラクター養成YTT350を受講し、ヨガプロフェッショナル認定資格RYP350を取得してください。
<ヨガプロフェショナル認定YTT350>

ヨガインストラクターとしての知識や技術が高まるだけでなく、ヨガセラピストとしてより幅広い活動(健康、病気の治療補助や予防、自己実現、メンタルコーチなど)ができます。

ヨガ二ドラー指導者養成”実践6月講座”(講座日程など詳細)