ヨガインストラクター費用

ヨガインストラクター資格費用

ヨガインストラクター資格取得の費用

ヨガインストラクターになるために必要な費用はいくらくらい必要でしょうか? それは、どのようにヨガインストラクターになるのかによって違ってきます。

ここではヨガインストラクターになる最も一般的な、多くの人が進み道について、それに必要な費用について考えていきます。 それは言えばヨガインストラクター養成コースを受ける費用です。 なぜなら、ヨガインストラクターになるにはヨガインストラクター養成コースを受講するのが最も一般的で、効率が良い方法だからです。 また単に費用だけでなく、その費用から見えてくるヨガインストラクター養成コースについても見ていきます。

<超美人ヨガ(AnandaYoga)ヨガインストラクター養成>



・ヨガインストラクター養成費用について


ヨガインストラクター費用とは、ヨガインストラクター養成コースを受ける費用と言い換えてもよいでしょう。 そして、このヨガインストラクター養成コースの費用はかなり幅広く、比較するのが困難です。

ヨガインストラクター養成コースでは2,3日のかなり短いものから、数か月あた1年にも及ぶものまであります。 一言でヨガインストラクター養成コースといっても様々なのです。

同じヨガインストラクター養成コースでも、2,3日と短期のものと数か月もあるものを一緒にして費用を検討してもあまり意味がありません。 また2,3日と短期のものは果たしてヨガインストラクター養成コースと呼べるのか?といった疑問もあります。

ヨガインストラクター養成コースと呼ぶからには、ヨガの本質から、その哲学や様々な技術など幅広い分野を学ばなければなりません。 果たして、2,3日または1週間程度でそれらを本当に学ぶことができるのでしょうか?

これはここでのテーマとは異なるので、詳細は別へ譲りますが、ヨガインストラクター養成の短期のものはあまりお勧めできません。 短期のものを受けたとしても、ヨガインストラクターになるのは難しいでしょう。 もし慣れたとしてもその教室でけでしか通用しないなど幅広く利用することはできません。 それではヨガインストラクター養成コースとは呼べません。

ここではヨガインストラクター養成の短期のものは除外しその費用を検討します。 費用を比較するときに、ヨガインストラクター資格として世界的に認めれれている全米ヨガアライアンス認定を1つの基準として検討を進めていきます。

現在では全米ヨガアライアンスも様々なタイプのものがありますが、当初よりあったRYT200を取り上げます。 これはヨガインストラクターとして世界で通用する最も一般的な資格認定と言えます。



・全米ヨガアライアンス取得費用


全米ヨガアライアンスRYT200取得費用はいくらくらい必要でしょうか?
これを検討する前に、全米ヨガアライアンスについて簡単に確認しておきましょう。 詳しくは別の記事をご参照ください。

全米ヨガアライアンスとは?

全米ヨガアライアンスとはあくまでも任意の団体で、全米ヨガアライアンス自体がヨガインストラクター養成コースを開催しているわけではありません。 

全米ヨガアライアンスが何をやっているかといえば、世界中のヨガインストラクター養成コースを運営している学校から申請を受けて、全米ヨガアライアンスの基準に合ったヨガインストラクター養成コースを開催している学校を全米ヨガアライアンス認定校(RYT:Registered Yoga School)として認定しています。

そして全米ヨガアライアンス認定校で全米ヨガアライアンスの基準に従ったヨガインストラクター養成コースを修了した方を全米ヨガアライアンス登録インストラクター(RYT:Registered Yoga Teacher)として認めています。

全米ヨガアライアンス費用

全米ヨガアライアンス費用については、2つに分けて考えることになります。

@全米ヨガアライアンス認定校ヨガインストラクター養成コース受講費用

A全米ヨガアライアンス登録費用

上記2つのうち、Aの全米ヨガアライアンス登録費用は、@の全米ヨガアライアンス認定校でのヨガインストラクター養成コース受講費用に比べて額が小さいのであまり考える必要はありません。 したがって、全米ヨガアライアンス取得費用としては、@の全米ヨガアライアンス認定校でのヨガインストラクター養成コース受講費用のみを検討します。

※ちなみにAの全米ヨガアライアンス登録費は、いったん登録すると毎年更新しないといけないので、もし必要なければ登録しないという選択もあります。 金額としては年間1万円程度となります(更新制なので毎年支払う必要がある)。

全米ヨガアライアンス認定校ヨガインストラクター養成費用は?
全米ヨガアライアンスRYT200資格取得のためには、全米ヨガアライアンス認定校でヨガインストラクター養成コースを受講しなければなりません。 全米ヨガアライアンス認定校のヨガインストラクター養成コースを受講し修了すれば自動的に全米ヨガアライアンスRYT200の登録が全米ヨガアライアンスのホームページにてできます。

※全米ヨガアライアンス資格取得100%合格保証しますという学校がありますが、全米ヨガアライアンス認定校であれば、どこでも全米ヨガアライアンスの登録ができますので、100%合格保証はあまり意味がありません。 理由として合格を決めるのは全米ヨガアライアンスではなく、学校側(全米ヨガアライアンス認定校)だからです。 自らが合格不合格を決めることができるのに、100%合格保証する必要はないのでは。。。 逆に言うと、いい加減に合格者を出しているかもしれません。

全米ヨガアライアンス資格取得が目的の人は、そういうところもいいかもしれません。 しかし、資格だけでなく、本当にヨガインストラクターになりたい人は、全米ヨガアライアンス認定校の中で、しっかり学べるところ、しっかり実力を評価してくれるヨガインストラクター養成コースを選んだほうがよいでしょう!

・ヨガインストラクター費用

それでは、費用について具体的に検討しましょう。 全米ヨガアライアンス認定校で全米ヨガアライアンスRYT200資格取得のためのヨガインストラクター養成コースの費用としては40万円から60万円くらいではないでしょうか。

30万円台のところもあるようですが、50万円前後と考えるとよいでしょう。 ただしこれも変わっていくので、あくまでも目安としていただき、興味があるヨガインストラクター養成コースのひようについては各自ご確認ください。



ヨガインストラクター費用の考え方


皆さんは日々、何らかの商品を買ったり、何らかのサービスを受けたりしたときにお金を支払っているでしょう。 ヨガインストラクター養成コースを受講するにもお金を支払う必要があります。 ではその費用としていくらぐらいが妥当なのでしょうか?

例えば、お昼ご飯を食べるとき、コンビニ弁当を買うのか、また高級ホテルのランチをいただくのか、それぞれ支払う金額が大きく違います。 ただし一つ言えることは、金額とその商品やサービスの内容や質は比例しているということです。 もちろん値段が高ければ良いというものではありません。 また逆に値段が安ければよいというものでもありません。 購入する商品やサービスのタイプによっても考えなければならないことが違ってきます。 

過去に皆さんが商品やサービスを購入したとき、どんな失敗をしたことがありますか? 一度思い出してみてください。 たぶん誰もが経験しているのが、バーゲンなどで値段が安くなったので買ったけど、結局使わなかったといったことではないでしょうか。 また他の類似品と比べて値段が安かったから買ったが質がよくなかったり、すぐに壊れたなど・・・多くの方は値段が安いがゆえに失敗していることがあるのではないでしょうか? ヨガインストラクター養成コースを選ぶときに、一番やってはいけないのが値段で選ぶことです。 また値段が魅力に感じて、多と比べると安いからという理由で選ぶことです。

ヨガインストラクター養成コースを選ぶとき、値段で選んではいけません! ヨガインストアクターの資格は取得したがヨガを教えることができない、資格を取っただけでヨガインストラクターになれないといったことに・・・・・値段がやすかったけど、これでは結局お金が無駄になってしまいます!

ではどうするか? ヨガインストラクター養成コースを選ぶときは@しっかり学べる少人数(1クラス6名程度)とAその内容(本場インドの伝統的ヨガが学べる:世界中で通用します)の2つです! 他にも細かいチェックポイントはあります。 下記ご参照ください。

失敗しないヨガインストラクター養成コースの選び方
<失敗しないヨガインストラクター養成選び方>



ヨガインストラクター費用 妥当な額は?

ヨガインストラクター養成コースの費用はあくまでも1つの目安で、それを1番に考えてしまうと失敗します。 目安としては、RYT200の場合は40万から60万円まででしょう。 もし40万円以下であれば、少人数(1クラス6名程度)なのか? 内容は本場インドの伝統的ヨガを学べるのか? 先生の質は大丈夫か?など細かく確認しなければなりません。

逆に60万円以上の場合は、50万円前後のヨガインストラクター養成コースと比べて、それだけの価値があるのか検討すべきです! 

ヨガインストラクターになれるか、ヨガインストラクターとして活躍できるかどうかは、どのヨガインストラクター養成コースを選ぶかが最も重要です。 

全米ヨガアライアンス認定校だからといって、また値段が安いからといって、また親切だからといっただけで選んでしまうと後悔するかもしれません。

これは声を大にして言いますが、ヨガインストラクター養成コースを選ぶときに、重視すべきポイントあり、それを外してはいけません!



◆少人数(1クラス6名程度)の費用について


全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクター養成コースで、1クラス10名以上募集の大量ヨガインストラクター養成コースと、1クラス6名程度の少人数制コースがあります。

ヨガインストラクター養成コースを受ける側、皆さんにとってどちらが良い養成コースでしょうか?

これは明らかに1クラス6名程度の少人数のほうです。 

なぜなら、同じことを学ぶにもじっくりしっかり学ぶことができます。 6名で学ぶ内容と同じものを倍の人数12名で同等の学びを得ようとすれば、1.5倍くらいの時間が必要になるのではないでしょうか。 人数が少ないほうがしっかり学べるのです。 参加者の全員が! 

1クラス10名以上の大量養成コースだと、理解力のある人は学べるのですが、そうではない人は、またヨガの知識がない未経験者は特に、ついていくこと、しっかり学ぶことが難しいでしょう。

資格はとれたとしても、しっかり学べておらず、いざ教えるとなるとどうしていいのかわからない・・・。
1クラス10名以上の大量養成校では全員がしっかり学びヨガインストラクターのレベルになるのが難しいです。 特にヨガの経験が少ない人や未経験者は少人数(1クラス6名程度)をお勧めします!

明らかに少人数制(1クラス6名程度)のほうがしっかり学べ、生徒には良いのに、なぜ多くのヨガインストラクター養成校は1クラス10名以上も募集するのでしょうか?

それは、生徒の方を第一に考えているのではなく、売り上げを優先しているからでしょう。  1クラス6名の場合と1クラス12名の場合だと、売り上げが単純に2倍も違います。
10名以上募集の大量養成校は、売り上げ優先の学校だということができます。

1クラス10名以上でクラスができるなら、1クラス6名でもクラスができるのです。 でもそうはしません。 生徒の方の学びよりも、売り上げを優先していると考えられます。

逆に、1クラス6名程度に絞ってヨガインストラクター養成コースを開催している学校は、生徒の方のことを本当に考えていると言えます。 少人数で行うと、大人数で行う場合よりもやはり割高になる傾向があります。 しかし、内容なども確認するなどすれば、大量養成校でヨガインストラクター養成コースを受けるよりは満足度がかなり高くなるので、少々割高になったとしても費用としては納得できるでしょう。

少人数(1クラス6名程度)のコースは、費用に対する効果、費用対効果が高く納得できるのです!

どんなにサポートが充実しているとアピールしても、合格保証をしていても、しっかりと学べないヨガインストラクター養成コースを受けてしまうと後悔することになります。 失敗しないため、後悔しないためには大量養成校(1クラス10名以上募集)は避けたほうが良いでしょう。 ヨガインストラクターの資格取得はできたとしても、実際にヨガを教えるのは難しいでしょう。 

ポーズを教えるポーズインストラクターになれても、本物のヨガを教えるヨガインストラクターにはなれません。


◆関連する記事(下記)

<失敗しないヨガインストラクター養成の選び方>

<ヨガインストラクターなるには>

<ヨガインストラクターになるまで>



<ヨガインストラクター養成資格TOP>

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」インストラクター資格HOME