ヨガインストラクター養成資格取得で失敗しないために

超美人ヨガ

超美人ヨガ

ヨガインストラクター資格取得で失敗しない選び方

ヨガインストラクター資格取得で失敗しないために

日本そして世界中で、たくさんのヨガインストラクター養成コースが行われています。 ヨガインストラクターの求人も増えており、ヨガインストラクターを目指すひとも多くなっています。 では、ヨガインストラクターになるには、またヨガインストラクター資格取得のためにどのヨガインストラクター養成コースを選ぶべきなのでしょうか?

ヨガインストラクター養成/資格取得では、大きなコスト(時間、お金・・・)がかかります。 失敗しないためには、どのような基準で選べばよいのでしょうか?

内容も費用も違っており、いろいろ比べてみたけど、どれがいいのかよくわからない・・・


ヨガインストラクター資格取得あなたの目的は?

ヨガインストラクター養成(資格取得)コースを選ぶに当たり、まず大切なことは、あなたが何を目的としてヨガインストラクター養成を受けようとしているかです。

この点がはっきりしなければ、どのコースがいいのか判断のしようがありません。


ヨガインストラクター資格取得2つの目的

ヨガインストラクター養成コースを受講する、目的は、2つに分けられるでしょう。

  1. ヨガのインストラクターになりたい!
  2. ヨガを深く体系的に学びたい!

以下に、それぞれについての選択のポイント、基準を見ていきます。

少人数(1クラス6名)でしっかり学べる!<AnandaYogaインストラクター養成>


1.ヨガインストラクターになりたい

ヨガインストラクター養成コースを受ける1つの大きな目的は、ヨガインストラクターになるためということが上げられます。 多くのかたは、これに当てはまるのではないでしょうか。

では、ヨガインストラクターになるにはどういったコースを受ければよいでしょうか?

その前に、ヨガインストラクターになるために必要なことを考えて見ます。 弁護士や公認会計士、また看護士などと違い、ヨガのインストラクターは、ある特定の資格を持っていなければ、なれないといったことはありません(下記参照)。
<ヨガインストラクターになるためには!>

ヨガインストラクター養成で世界的に認められているもので、全米ヨガアライアンス認定があります。 この全米ヨガアライアンス認定にしても、これを取得しなければヨガインストラクターになれないかといえば、まったくそうではありません。

ヨガインストラクターになるために、絶対必要なものはありません。 極端に言えば、誰でも、すぐにヨガを教えてもいいのです。。。 しかし、教えるからには、それに必要な技術、知識をもっていなければなりません。


したがって、必要な技術や知識を得るためにヨガインストラクター養成コースを受けることは間違ってはいません。 それは、正しい道といえます。

ここで注意ですが、資格やどこどこの認定といった表面的な部分にとらわれないように、こだわらないようにすべきでしょう。

最も大切なのは、「何を学べるか」 「何を身につけられるか」 といった、そのヨガインストラクター養成コースの内容です。 これは当たり前のことですが、私たちはつい表面的な部分(資格が取れるなど)にとらわれたり、言葉による錯覚(資格がとれればうまくいく??)に陥ったりすることがあるので注意が必要です。

「過去にたくさんの卒業生がいるからといって、本当にそこでしっかりヨガを学べるのか?」「 なんかすごい難しそうなポーズをしている先生の写真がのっているが、そのことに何の意味があるのか?」「 聞こえのよい言葉や綺麗な画像がたくさんのっているが・・・?」


<資格取得を目的とすると失敗する>

全米ヨガアライアンスなど資格取得を目的とする養成コースもあるようですが、資格や認定を取っただけでは意味がありません。 しっかり学びヨガインストラクターとして活躍できる能力を身につけることがとても大切です。 

実は、全米ヨガアライアンスの取得は比較的簡単なのです。 例えば、弁護士や公認会計士などの資格は、何年頑張っても合格しないような狭き門です。 一方、全米ヨガアライアンスの資格取得は、全米ヨガアライアンス認定校(RYS:Registered Yoga School)の養成コースを受講すれば、比較的簡単に取得できます。 

したがって、資格認定が取れればそれでよいという人は、全米ヨガアライアンスの認定校であればどこでも良いとなります。 但し、全米ヨガアライアンス認定校であっても、E-RYT(Experienced-Registered Yoga Teacher)から学ばなければ、全米ヨガアライアンスの登録はできません。

皆さんが受けようとするヨガインストラクター養成コースの先生が、更新された(1回だけでなく)E-RYTの資格を持っているかどうかは、必ず確認しましょう! 更新されたE-RYTなら、それを証明するカード(全米ヨガアライアンスから送られてくる)を持っているので見せてもらってください。

特に、複数の先生から学ぶ場合は注意が必要です。 もしかしたら全米ヨガアライアンスの認定校であっても、E-RYTではない先生から学ぶことになってしまうかもしれません。 それだと、修了しても全米ヨガアライアンスの登録ができないケースもでてきます。

ホームページで、どの先生がE-RYTなのかをチェックしましょう! それが掲載していないヨガインストラクター養成コースは避けた方が安全でしょう。


ヨガインストラクター養成コースを選ぶ時、あなたが単に全米ヨガアライアンスの資格取得だけでなく、ヨガインストラクターとして活躍したいのであれば以下のポイントは重要です。

  1. 少人数(1クラス6名程度)でしっかり学べる
  2. 充実した内容(伝統的インドのヨガが学べるなど)
  3. 指導者が書籍を出版するくらいヨガのプロである(最低でもE-RYTである)。

多くの資格取得者を出しているとか、資格を保証するような学校もあるようですが、商業的(ビジネスとして)にやっているのでしょうか・・・。本当に生徒のかた一人一人がしっかり学べるように考えられているスクールを選びましょう!

全米ヨガアライアンス認定はしっかり学べるスクールを選べば、資格認定だけでなくヨガインストラクターとして活躍する道が広がります

全米ヨガアライアンス認定校の中でも、しっかり学べる少人数制(1クラス6名程度)のスクールを選ぶことが大切です。
定員が1クラス10名以上の”大量インストラクター養成コース”
は避けたほうが賢明でしょう!


ヨガインストラクター養成の失敗しない選び方は・・・その内容

ヨガインストラクター養成のコース内容の判断材料は、何をもとに何がベースとなって教えられているのか? いわゆるソース(根拠)です。 教えられる内容の根拠となるものが非常に大切です

その教会や教室、スタジオだけでしか通用しないものであれば少し不安になります。 「全世界どこにいっても通用するものか?」 「本場インドでも教えられている確実な内容か?」

※ぜひその養成コースで教えられている内容のソース、指導の根拠を聞いてください。 例えば、ヨガ哲学で、パタンジャリのヨガスートラを学ぶのであれば、その基礎となるものは何なのか、1冊の本だけか、それとも何冊もの本を参考にしながらわかりやすく解説してくれるのか・・・

本屋さんへ行けばどこでも買えるような本を使うのか? そのコースプログラム独自の”オリジナルテキスト”があるのか? オリジナルテキストであれば、そのテキストの根拠は?

講座の良し悪しの判断材料として、オリジナルのテキストを持っているかどうかは1つのポイントになります。 
オリジナルのテキストを持っておりコース全体が1冊にまとまっているということは、ヨガが体系的にまとめられている1つの証拠となります。

またオリジナルテキストがあれば、学んでいくときも自分自身でわかりやすいし、コース終了後の復習でも役に立ちます。 市販の教材を使うことも悪くはないでしょうが、知識スキルがバラバラになってしまう可能性もあります。 

さらに、付け加えるとすれば「内容が体系的に関連づけて学べるか?」という点が重要です。 
実技部分、哲学、理論、指導法、解剖学生理学など様々な項目がありますが、これらが関連づけられて体系的に学ぶことができるかはチェックすべきポイントでしょう。 各項目はカバーされているが、それらが独立して教えられていても、ヨガ全体として理解することが難しいかもしれません。

<ポイント>
その教室独自のオリジナルテキストを使用しているか?
指導の根拠がはっきりしているか?

内容についてインド政府認定プロフェッショナルヨガ検定に合格できるレベルの内容が学べるかどうかというのは重要です。
全米ヨガアライアンス認定は、全米ヨガアライアンス認定校へ通えば、誰でもが取れる資格認定です。 誰でも取れるので日本でもすでに多くの全米ヨガアライアンス認定者がいます。 これからのヨガ資格で価値がでてくるのが、インド政府認定プロフェッショナルヨガ検定かもしれません。 なんといってもヨガ発祥の地、インドのそれも国が認定する資格です。 これほど確かなものはありません。 

インド政府認定プロフェッショナルヨガ検定に合格できるレベルのヨガインストラクター養成講座を選びましょう!
※その検定で試されるのは、ポーズ中心のヨガではなく伝統的インドのヨガです!

<インド政府認定プロフェッショナルヨガ検定>


ヨガインストラクター養成の内容で、ヨガインストラクターとして活躍するのに、もっとも役に立つのが実技テスト(ヨガインストラクターとして1つのクラスを実演し評価を得ること)です!

そのヨガインストラクター養成講座に「実技テストがあるかどうか?」は必ず確認しましょう!

学びっぱなしでは教えることはできません。 
実際にヨガインストラクターとして実演をし、それを信頼できる講師から評価してもらわなければなりません。

全米ヨガアライアンス認定コースであれば、すくなくとも3回程度の実演と評価の機会が必要でしょう。 実演の機会が少なかったり、1人ずつの個別の評価を受けることができないスクールは避けたほうが良いでしょう。 資格認定は取ったが教えることができないという結果になってしまいます。

<ポイント>
実技テストがあり、個別での実演の機会と個別での評価を受けることができるか?


具体的な内容という点で言えば、”King of Yoga(ヨガの王道)”を学ばなければなりません。 
ヨガの王道とは心(こころ)を中心としたヨガです。 「心とは何か?」を学ばなければ、ポーズは教えることができてもヨガを教えることはできません! なぜなら「心がわからなければヨガは分からない」からです。

※残念ながら”King of Yoga(ヨガの王道)”を教えてくれるヨガインストラクター養成コースは少ないです(比較的近年発達したアシュタンガヨガやアイアンガ−ヨガはKing of Yogaではありません)。

<ポイント!>
ヨガインストラクターとして活躍したいなら”King of Yoga(ヨガの王道)”を学ぶ! 
そのために「心とは何か?」が学べるスクールを選ぶ!


※参照: ヨガインストラクター養成で失敗しないために・・・<誰でも簡単に、内容を見極めれるポイント>

外国の先生や海外での養成講座があります。 ヨガという日本語で学ぶのも難しいものを、母国語でない言葉で果たしてどこまで理解できるのか? 通訳がついたとしても直接的に学ぶこととの違いは大きいです。 さらに通訳を通してだと時間が無駄になってしまい効率も悪いです。

海外で講座をうける、または日本で外国の方から学ぶときは「なぜ海外で学ばなければならないのか?」その理由をはっきりさせておくべきです。 海外に行けてヨガも学べるといった一挙両得的な考えでは、ヨガを中途半端にしか学べません。 「ヨガの本質を外国の先生からしっかり学べるのか?」よく考えたほうがよいでしょう。

ヨガインストラクターになりたいなら、ほんとうにヨガをしっかり学べる講座を選ぶできです。 もしその答えが海外であるならそこへ行けばよいでしょう。

日本人はどうしても海外とかブランドに弱いです。 しかし、そこには何の根拠もありません。 ただ自分自身でイメージ(妄想)を勝手に膨らませているだけかもしれません。 ヨガインストラクター養成コースは修了したが・・・何を学んだのか?といった典型的パターンになりがちです。 

”King of Yoga(ヨガの王道)”を学ぶ!<AnandaYogaインストラクター養成>


2.ヨガを深めたい体系的に学びたい

ヨガのインストラクターになることを目指しているわけではないが、ヨガをもっと深く、トータルで学びたいといったかたも多いでしょう。 一般のヨガスタジオやヨガ教室に通っているだけでは満足できず、さらにヨガの奥深さを体験したいと思うのは自然な流れです。

それでは、ヨガを深く、体系的に学ぶにはどうすればよいでしょう?

やはり、ヨガインストラクター養成(資格取得)コースを受けるというのが最も近道となります。

一般のクラスへ定期的に何年も通っても、ヨガを学ぶという点では十分ではありません。 アーサナ(ポーズ)ばかりを続けて、難しいポーズが出来るようになっても、それはヨガを深めたことにはなりません。 入り口のところをぐるぐる回っているだけです。 自己満足の域をでません。

ご自身で学んでいくという道もありますが、ヨガインストラクター養成コースなどで、ヨガの専門家から学ぶほうが効果的であるのは言うまでもありません。

では、どういったコースを受ければヨガを深く体系的に学べるのでしょうか?

これは、1.ヨガインストラクター養成で述べてきたこととほぼ同じになります。

やはり、その養成コースの内容、そしてその根拠が最も重要です(上記参照)。


<失敗しないヨガインストラクター養成(資格取得)選び方まとめ>

ヨガインストラクター求人があり、ヨガインストラクターになりたいといったかたが増えています。 「超美人ヨガ(AnandaYoga)」でもヨガインストラクター求人への応募が寄せられてきます。 全米ヨガアライアンス200を終了したかたの応募もあります。 しかし残念ながら実際に指導者としてまかせられる方は多くありません。

資格は取得したが実際にヨガをトータルで教えることができるかたが非常に少ないのが現状です。 
アーサナ(ポーズ)はある程度教えることができるが、プラーナーヤーマやメディテーション(瞑想)、さらにマントラなどを教えることができる人は少ないです。 なぜなら多くのヨガインストラクター養成コースはアーサナ(ポーズ)に重点を置いているからです。

心とは何かをしっかり理解し、ヨガとは何かを学ぶことで、アーサナの指導も変わっていきます。 ただ単にポーズを教えるのとアーサナ(ポーズ)を通してヨガを教えるというのは全く違ったことです! これがポーズインストラクターとヨガインストラクターの大きな違いのひとつです。

ポーズを教えるだけではヨガインストラクターとはいえません。 それはポーズインストラクターです。
もし本当にヨガインストラクターになりたいのであれば、アーサナ(ポーズ)以外の様々な技術をしっかり学ばなければなりません。 特にPranayama(プラーナーヤーマ)の技術は必修です!

ヨガインストラクター養成ではなく”ポーズインストラクター養成コース”になってしまっている学校があるので注意しましょう。 これはヨガインストラクターの資格取得することに重点を置いたため、最も大切な本来のヨガを学ぶという点が欠けてしまった結果かもしれません。


ヨガインストラクター養成コースを選ぶときは、やはりしっかり学べる少人数(1クラス6名程度)のコースを選ぶことがとても大切です。

しっかり学ぶには”少人数制(1クラス6名程度)でなければなりません。

※特にヨガが経験が豊富ではないかたは少人数(1クラス6名)のところを選びましょう!

少人数(1クラス6名程度)だと学びの効率も、”定員が10名以上という大量養成スクール”と比べ質、量とも違ってきます。 少人数制(1クラス6名)は効率が非常に良くお得なのです。 <少人数制(6-8名)クラスについて>

定員が10人以上の”大量養成スクール”のクラスでは、どうしても情報が一方通行になってしまいます。 教える側の先生が一方的に情報を提供するだけ。 しっかり学ぶには一人ひとりがじっくり考え、先生と生徒が双方向で議論し合い、また生徒同士が互いに学びあう体制でなければなりません。

そうした意味でも少人数で行われることが望ましいです。 (※アシスタントが何人ついても意味がありません。 その教室を代表する先生が直接指導する人数が6名程度が少人数制です。)

以上のような点に注意しないと、コースは修了し認定も受けたが結局何を学んだのかわからない、ヨガを教えることができないといったことになってしまいます。 そして、何より大切なのは、ご自身の意思、気持ちです。 どんなすばらしい講座でも、参加するあなたがやる気が無ければ得るものはないでしょう。 

充実した内容のしっかり学べる少人数(1クラス6名程度)スクールを選び、やる気を持って挑めば必ず期待通り、またそれ以上の成果を得ることができるでしょう!


ヨガインストラクター養成資格取得で失敗しないためには:

  1. 充実した内容のものを選ぶ
    心について十分に学べる
    オリジナルテキストがある!
    ・アーサナ(ポーズ)だけでなく、プラーナーヤーマ、メディテーション、マントラなどが学べる
    実技テストで実演する機会があり、個別に評価してもらえる!
    インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定(日本ではまだ20数名合格の難関)に合格できるレベルの内容!!
  2. 少人数(1クラス6名)でしっかり学べるものを選ぶ!
  3. 指導経験豊富な先生から学ぶ!
    ・3,000時間以上の指導経験がある。
    ・その教室を代表する指導者(創始者)である。
    ・書籍を出版しているプロである。

最後に下記(↓)は非常に大切なのでぜひお読みください!
心(こころ)が分からなければ、ヨガが分からない!


ヨガインストラクター関連記事

<ヨガインストラクターなるには>

<ヨガインストラクターになるまで>

”King of Yoga(ヨガの王道)”
ここでしか学べないヨガ(Yoga)がある!
<ヨガインストラクター養成TOP>

「超美人ヨガ(AnandaYoga)HOME」