ヨガインストラクター養成資格の短期取得

ヨガインストラクター資格の短期取得

ヨガインストラクターの資格を短期で取得する

ヨガインストラクター求人も増えており、ヨガインストラクターになりたいというかたが多くなっているようです。さらに、できれば短期でヨガインストラクターの資格を取得したいと考えてスクール選びをしている方もいます。 

このページではヨガインストラクターの何らかの資格を短期間で取得することについて検討しています。 ヨガインストラクターを目指す方の参考にしていただければ幸いです。


ヨガインストラクター資格について

日本で、さらに世界中で数多くのヨガインストラクターに関する資格や認定が存在します。 それに伴い、ヨガインストラクターの資格認定を行うヨガスクールもどんどん増えているようです。 

なぜこれほど多くのヨガインストラクター養成資格取得コースが行われているかといえば、やはりヨガインストラクターになりたい方、ヨガインストラクターを目指している方がたくさんいるからでしょう。

もしヨガインストラクターになりたい方がそれほど多くいなければ、これだけたくさんのヨガインストラクター養成資格取得コースが存在することはありませんし、ヨガインストラクターを養成するヨガ教室やヨガスクールもこれほど多くはないでしょう。

さらにヨガインストラクターになるには、ヨガインストラクターの資格を取得することが必要だと多くのかたが考えているということを示しています。 但し、実際にヨガインストラクターになるには、なんらかの資格が必要かというとそうではありません。


ヨガインストラクター資格の重要なポイント

ヨガインストラクターになるために、ヨガインストラクター養成資格コースを受講することは効率的で、ヨガインストラクターになるための近道です。 では日本そして世界中で数多く行われているヨガインストラクター養成資格コースでどこを選べば良いのでしょうか? 

ヨガインストラクターになるためには、どのヨガインストラクター資格取得コースを受講するかが最も重要であると言っても過言ではありません。

※ヨガインストラクターになるには、ヨガインストラクター養成資格取得コースの選び方が最も大切!

ヨガインストラクター養成資格で失敗しないように、スクール選びは慎重にしましょう!


ヨガインストラクター資格の短期取得は?

ヨガインストラクターの資格を短期間で取ってしまおうと考えている方もいるかもしれません。 

仕事などで日々追われ時間が取れないとか、できるだけ早くヨガインストラクターになりたいなどで、短期間でヨガインストラクターの資格が取れるヨガインストラクター養成講座を探している方もいるでしょう。

しかし短期間のヨガインストラクター資格取得コースはあまりお勧めできません!

もしあなたがヨガインストラクターになり活躍したいのであれば、短期のヨガインストラクター養成コースは、やめたほうが賢明です。 

すでに説明したように、ヨガインストラクターになるのに最も重要なのは、ヨガインストラクター養成資格取得コースの選び方です。 どのヨガインストラクター養成コースを受講するかでその後、ヨガインストラクターになれるか、そうでないかが決まります。 さらにヨガインストラクターとして活躍できるか、できないかが決まります。 

その時にやってはいけない選び方の1つが短期のヨガインストラクター資格取得コースを受講することです。

時間がないとか、できるだけ早くヨガインストラクターになりたいという状況は理解できますが、短期で資格を取得しても、ヨガインストラクターになるのは難しいでしょう。 さらにヨガインストラクターとして活躍するとなると、短期で得られた資格だけではさらに困難です。

もしどうしても時間がなく、短期のヨガインストラクター資格コースしか受けれない場合は、タイミングを待った方が賢明です。 

もしヨガインストラクターの資格を取ることが目的であれば、短期のものも良いでしょう。 しかし、多くの人は単にヨガインストラクターの資格を取るだけでなく、実際にヨガインストラクターになり、ヨガインストラクターとして活躍したいと考えているのではないでしょうか。 

もしあなたがそうなら、急がば回れで、少し待ったほうがいいでしょう。


ヨガインストラクター資格短期のメリット&デメリット

ヨガインストラクター資格を短期で取得することのメリット(良い点)とデメリット(悪い点)を考えてみましょう。

まず短期間のヨガインストラクター養成コースを受講するメリットですが、これは間違いなく短い期間でヨガインストラクターの資格が取得できるということです。 時間が限られている方などにとっては、短期間で資格が取得できることは非常にありがたいです。

次に集中して学ぶことができる点もメリットになるでしょう。 

これは人によって違うかもしれませんが、短期間であればある程度集中力を保ちながら講座を受けることができます。 最後には、ヨガに関する知識技術がまとめて身につけることができるので、効率的である点が挙げられます。

3つのメリットをあげましたが、やはり最初の短期間でヨガインストラクター資格取得できる点が最も大きなメリットでしょう。

ヨガインストラクター資格短期取得メリット
・ヨガインストラクター資格が短期間で取得できる。
・集中して学ぶことができる。
・短期間でヨガの知識や技術を学ぶことができる。


次にヨガインストラクター資格短期取得のデメリット(悪い点)を検討してみます。 

最初に短期と言ってもどのくらいの期間かによって違ってきます。 ただ学ぶ期間が短いということは、学ぶ時間数も短くなってしまいます。 結果として身につけられるヨガの知識や技術が少なくなります。 

次にメリットの逆になりますが、集中して学ぶことは良いのですが、詰込み型になりますので、学んでもしっかり身についているかどうか難しいでしょう。 短期でいろんな情報を詰め込んでも、しっかり身につけなければヨガを教えることはできません。 

結局はヨガインストラクターの資格は取得したが、ヨガを教えることができないとなってしまうかもしれません。

最後にヨガインストラクター養成コースでは資格認定のためのテスト(実技テストなど)が行われます。 そのテストによりヨガインストラクターとしてのレベルに達しているかどうかを判断します。 

これはただ単なるテストではなく、しっかり準備してテストを受けることで、ヨガインストラクターとして何が欠けているか、ヨガインストラクター養成コース終了後に何をしていけば良いかなどがわかる非常に重要なものです。 

しかし短期のヨガインストラクター養成コースでは、テストも簡易的なものしかできません。 またテストを受けるための準備期間がほとんどありません。 テスト準備は非常に大切で、それにより学んだことが一通り復習できるのです。 準備期間がほとんどなくテストを受けても得られるものは多くありません。 

結果としてヨガインストラクターの資格は取得したがヨガを教えることができないといったことになる可能性が大きいです。

ヨガインストラクター資格短期取得デメリット
・ヨガを学べる時間数が短い
・ヨガの知識技術がしっかり身につかない
・自分のヨガのレベル(本当に教えれるレベルか?)が分からない

以上、ヨガインストラクター養成の短期資格取得についてみてきました。 まとめるとヨガインストラクターの資格を短期で取得したとしても、ヨガインストラクターの資格は取れたが、実際にヨガを教えることができないことになってしまうかもしれません。

したがってヨガインストラクター資格を短期で取得することはお勧めできません。


全米ヨガアライアンス資格の短期取得

数多くあるヨガインストラクター資格の中で、世界的に有名で、多くの人が取得しているのが全米ヨガアライアンスの資格です。 現在ではヨガインストラクターの資格のスタンダード(標準)になっています。 

したがって、ヨガインストラクターとして全米ヨガアライアンスの資格を持っているのは当たり前の時代になっています。

全米ヨガアライアンス資格を短期で取得することを考えてみましょう。 

全米ヨガアライアンス資格の1つの大きな特徴は、資格取得のための学ぶべき時間数が決められていることです。 例えば全米ヨガアライアンスRYT200(Registered Yoga Teacher 200)であれば、学ぶべき時間数が180時間以上となっています。 全米ヨガアライアンスRYT200を取得する場合は180時間以上の学びが必要となります。 

したがって、全米ヨガアライアンスの資格は短期で取得することはできません。 毎日6時間学んだとしても30日間は必要です。

30日間というのが短期がどうかは人によって感じ方は違うでしょうが、そのくらいの期間は最低必要だということです。 では先ほど検討したヨガインストラクター資格短期取得のメリットとデメリットを全米ヨガアライアンスで考えてみるとどうなるでしょうか。

まずメリットのほうは、1つ目の短期間で資格が取れるというのは少し違ってくるかもしれません。 最低30日間は必要ですので短期とは言いにくいでしょう。 2つ目の集中して学べるというのは当てはまるでしょう。 そして3つ目の短期間でヨガの知識が技術が学べるというのも違ってきます。 

次にデメリットはどうでしょう。 1つ目の学べる時間ですが、これは最低180時間と指定されているので、全米ヨガアライアンス認定のコースの場合は、デメリットではなくなります。 逆に180時間以上学べるのでメリットになります。 2つ目と3つ目のデメリットはやはり詰込み型で学ぶことは同じなのでそのままデメリットとして残ります。

全米ヨガアライアンス資格短期メリット
・ヨガを学べる時間数が180時間以上ある
・集中して学べる

全米ヨガアライアンス資格短期デメリット
・ヨガの知識技術がしっかり身につかない
・自分のレベルが分からない

結果として、短期間で取得しようとするものでは、やはり全米ヨガアライアンス資格は取得したが実際にヨガ教えることができないといったことになってしまうかもしれません。


ヨガインストラクター資格短期まとめ

ヨガインストラクター養成コースを受講し、短期間でヨガインストラクターの資格を取得することについて検討してきました。 

結論としては、ヨガインストラクター資格短期取得はお勧めできません。 なぜならヨガインストラクターの資格は取得したが、実際にヨガを教えることができない。 またヨガインストラクターになれないといった結果に終わる可能性が大きいからです。

短期間でヨガインストラクターの資格を取得しようと考えている方はぜひ確認してください。

「ヨガインストラクター養成コースを受講する目的は何なのか?」

もしその答えがヨガインストラクターの資格取得が目的ではなく、ヨガインストラクターになり活躍することが目的であるなら、短期間でヨガインストラクター資格を取得することは考え直したほうが良いでしょう。 

短期でヨガの資格だけを取得しても、ヨガを教えるレベルに達しておらず、また別のヨガインストラクター養成コースを受けないといけなくなります。 時間をかけてヨガを学びなおさないといけなくなります。 

ヨガインストラクター資格短期取得
は結局は遠回りになります。 

ヨガインストラクターになるための最短のルートは、短期のヨガインストラクター養成を受けるのではなくしっかり学べる”少人数(1クラス6名程度)”のヨガインストラクター養成コースを選び受講することです!


「超美人ヨガ(AnandaYoga)HOME」