Ananda Yoga

全米ヨガアライアンス資格取得YTT200内容詳細

ヨガインストラクター養成YTT200

Ananda Yoga

YTT200内容詳細(YTT100との比較)

ヨガインストラクター養成のYTT200資格認定は、ヨガインストラクター養成の基礎レベルであるYTT100資格認定修了者限定の講座です。

YTT100を受講し、一定の基準を満たした方が参加できます。YTT100だけでも1つの完結した講座ですが、ヨガ科学の全体を理解し、自信を持ってヨガを実践、またヨガインストラクターとしてヨガを教えるという点で、YTT100とともにYTT200まで受講することをお勧めしています。

YTT200はYTT100の続きとなりますが全く違った学びが多くあります。さらにYTT200はYTT100よりも学びの時間数が約20%多くなります。


YTT100とYTT200の比較

YTT100(Yoga Teacher Training 100)
YTT100では心(こころ)を中心としたヨガ、パタンジャリのヨガを学びました。 

ヨガの歴史全体を考えたとき、様々な思想哲学がある中、やはりパタンジャリの教えというのは、すべてのヨガの中心です。 それはヨガインストラクターはもちろん、すべてのヨガ実践者が学ぶべき最も重要なものです。

そして、パタンジャリの教えの中心が心(こころ)でした。 心(こころ)とは何なのかが理解できなければパタンジャリの教えも十分には理解できず、結局ヨガとは何なのかが分かりません。 

したがってYTT100ではヨガの中で最も重要なパタンジャリの教え、心とは何なのか、さらに心の作用とはなど、様々な角度から検討しました。
<心がわからなければヨガはわからない!>

YTT200(Yoga Teacher Training 200)
ヨガを指導する時、またヨガを実践するとき、YTT100で学ぶパタンジャリの教えだけで十分かと言えば、残念ながらそうではありません。 特に今日のヨガを考えたとき、パタンジャリの教え(Raja Yoga)とともに大切なのがHatha Yoga(ハタヨガ)です。 

なぜHatha Yogaを学ぶことが大事なのかは、現在行われているヨガ、また一般のヨガ実践者が求めるヨガ(健康や美容など)を考えれば答えは自ずとでてきます。 RajaとともにHathaを学ぶ重要性がますます高くなっています。

しかしHatha Yogaだけ学んでいては、本来のヨガはわからなくなってしまいます。 

順番としては、まずはヨガにおいて最も重要なパタンジャリの教え(心を中心としたヨガ:Raja Yoga)を学び(YTT100)、次にHatha Yogaを学ぶこと(YTT200)でヨガの全体像が理解できるようになります。

”Raja Yoga”と”Hath Yoga”はヨガの両輪です。 RajaだけでもHathaだけでも十分ではありません。

RajaとHathの両方を学ぶことが、ヨガを実践、そしてヨガインストラクターとしてヨガを指導する上でとても大切です。

YTT100とYTT200を修了することで、初級だけでなく経験者(中級、上級レベル)へのヨガ指導ができるようになります。 さらにYTT200を学ぶことで、初級の方への指導も違ってきます。 

YTT100を取得しただけでも初級クラスの指導はできますが、YTT200取得後にはヨガインストラクターとしての指導の奥深さに変化が出てくるでしょう。 YTT200まで修了すれば、ほぼすべてのレベルのクラス(初級から上級)を担当することができます。

YTT200を学ぶことで”超美人(本物のヨギーニ)”としてより高いレベルへと進んでいくことができます。


<座学>

YTT100とYTT200について、座学の部分での大きな違いは、YTT100では心を中心として学びましたが、YTT200では心というよりプラーナが主題となります。 

プラーナに関連する項目がたくさん出てきます。 例えば皆さんが聞いたこがあるものとして、チャクラ(Chakra)をしっかり学ぶことになります。 

チャクラ(Chakra)については、その名称や場所だけでなく、それぞれのチャクラに対応するマントラやその性質特徴、さらに内分泌系との関連を学びます。 

チャクラをただ知っているだけでなく、十分な知識を身に付けるとともに、実際にクラスでどう活かしていくのかまでトータルで学んでいきます。 実技面とも合わせて総合的にチャクラを学びます。 


<実技>

実技の項目では、YTT100で学んだ基礎的なアーサナから、一歩進んで背骨をダイナミックに動かしていくアーサナグループを習得していきます。 

難易度が高くなりますが、難しいものでも無理なくできる方法も含めて、1つのアーサナを様々なレベルで経験します。 そしてYTT100ではそれほど多くなかった、サポート(補助)やアジャスト(調整)の実習が増えてきます。

さらにYTT200ではアーサナだけでなく、Hatha Yogaとして最も重要な技術であるプラーナーヤーマ(Pranayama)を学びます。 

プラーナーヤーマとは何か、プラーナーヤーマで最も重要なことなどの知識面、そして実技として準備的なPre-Pranayamaから始め本格的なPranayamaへと様々なレベルのプラーナーヤーマの実習を行います。

一般的にはアーサナがヨガの技術として広まっており、アーサナがヨガであると思っている人も多いようですが、実はそれは単なるヨガの準備です。 

プラーナーヤーマを習得することで、本当の意味でのヨガを経験することができます。 ヨガインストラクターとしては指導の幅が広がっていきます。

実践面で言えば、プラーナーヤーマを知らずしてヨガを知ることはできません。

ヨガのすごさはプラーナーヤーマにあると言っても過言ではありません。

そしてヨガの最終段階としてのメディテーション(瞑想)については、YTT100ではメディテーションを実践クラスで行っていました。 しかし、その理論までは学んでいませんでした。 YTT200では実践だけでなく、メディテーションの理論についても学んでいきます。

<ヨガインストラクター養成資格TOP>