Ananda Yoga

ヨガインストラクター養成YTT100|超美人ヨガ

ヨガインストラクター養成YTT100内容

Ananda Yoga

ヨガインストラクター養成資格YTT100内容

超美人ヨガ(AnandaYoga)」のヨガインストラクター養成YTT100(Yoga Teacher Training 100)は、初心者やヨガ経験が少ない初級の方からヨガ経験者、またヨガインストラクターとして活動されている方でも、十分に満足していただける内容になっています。

YTT100の内容は、インド伝統の本物ヨガを体系的に学び、ポーズを教えるのでなく本来のヨガである”King of Yoga(ヨガの王道)”を指導できる本物のヨガインストラクターになるための基礎コースです。

ヨガインストラクター養成YTT100を修了後は、全米ヨガアライアンスRYT200資格取得のYTT200(Yoga Teacher Training 200)へ進むことができます。


YTT100内容詳細

(※確かな内容の根拠は?

◆ヨガ実技/実践
  ・アーサナ(各種ポーズ 85種類)実技
    −パワンムクタシリーズ(合計28種類)
      ・関節系グループ(12種類)
      ・腹部系グループ(7種類)
      ・エネルギー系グループ(9種類)
    −メディテーションシリーズ(5種類)
    −バジュラアーサナグループ(10種類)
    −スタンディングアーサナグループ(9種類)
    −スリヤナマスカーラ・シリーズ
    −チャンドラナマスカーラ・シリーズ
    −パドマアーサナ・グループ(3種類)
    −バックワード・グループ(8種類)
    −フォワード・グループ(6種類)
    −スパイナル・グループ(3種類)
    −インバーティッド・グループ(5種類)
    −バランシング・グループ(6種類)

オリジナルテキスト(YTT100とYTT200共通)では、以上85種類のアーサナが掲載されています(アーサナの指示の手順、呼吸の仕方、重要なポイント、効果などが記載)。 

YTT100の実技実習では、アーサナの基本であるパワンムクタアーサナシリーズの3つのグループを中心に、主要なアーサナグループであるバジュラアーサナグループとスタンディングアーサナグループを学びます。

その他ヨガの実践者として基礎となるメディテーションアーサナグループなども実習します。 これらのアーサナグループを習得することで、初級から初中級のヨガクラスの指導ができるようになります。
<YTT100で学ぶアーサナの一覧>


◆ヨガ哲学理論

超美人ヨガインストラクター養成YTT100のヨガ哲学理論で学ぶ内容の主要な項目の一覧です。

ヨガとは? 
※ヨガとは何かが明確に理解していなければ、ヨガを教えることはできません。
心とは何か? 
※ヨガとは何かを理解するにはこれが重要です!
<心がわからなければ、ヨガはわからない!>
−心の特徴について
※心とは何かとともに学ぶことでヨガの本質が理解できます。
−ヨガと心の関連について
※ここからヨガの実践が始まります。
−ヨガの意義とは?
※私たちはなぜヨガをやるのか? その意義とは?
−心と身体そしてプラーナの関係 
※この3つを理解することで、ヨガの実践的プロセスが分かります。
−自己(自分)とは何か? 
※最も難しいトピックだがヨガ哲学では避けて通れない。
−サーンキャ哲学の2元論について
※プルシャとプラクリティについて学びます。
−心の作用の分類
※煩悩性と非煩悩性のものを中心に学びます。
−離欲と修習 
※ヨガを実践するときの基本となります。
−執着その原因と無執着の方法 
※これが理解できると人生がかわるかも。
−無知と智慧
※この学びは目からウロコです。
−ヨガ八支則 
※ヨガのすべての実践者が覚えておかなければならない基本中の基本。
−Yama(ヤマ)&Niyama(ニヤマ) 
※日常生活でヨガの実践者として守らなければならない規則について。
−伝統的ヨガの道 
※ヨガを何年もやっている人でも意外と知りません。
−ラージャヨガとハタヨガ 
※この2つの関係の理解がヨガ全体の理解につながります。

<ヨガ哲学TOP>

・ケーススタディ(Case Study)
実際に学んだ知識をただ単に知っているだけでなく、実際の生活に活かせるように、具体的な例などによりさらに理解を深めていきます。


◆アーサナ理論 
アーサナとは何かをまず学びます。 これが分からないと単にポーズを教えるポーズインストラクターになってしまいます

アーサナとは何かを明確に答えることができるようになります。 そしてアーサナとエクササイズの違いを学びます。 さらにヨガではなぜ身体を使うアーサナを行うのかについて検討していきます。 

すでにヨガインストラクターになっている方でもアーサナについての理論が正しく身についていない方も多いようです。 同じアーサナ(ポーズ)を教えるときでも、単にポーズを教えるのと「ヨガとは何か?」「アーサナとは何か?」などをしっかり理解した上で教えるのでは、教え方自体が大きく違ってきます!


◆解剖学・生理学 
特にヨガ(アーサナ)に関係する項目(解剖学の基礎、骨格系、呼吸器系など)を重点的に学びます。

そして単に解剖学的な知識を学ぶだけでなく、その知識をどのようにヨガに利用するかを学びます。 そうすることで実際のクラスでの指導に役立たせることができます。 例えば、生徒の方にケガをさせないような指導法や、アーサナを正しく行ってもらうためのサポートやアジャストなどに活用します。


◆ヨガ指導方法論
1つ1つのアーサナについて、どのようにインストラクションを行うのか(指示での重要なポイントなど)グループで実践的なトレーニングを行います。 さらにクラス構成などについて学び、実技テストで自らクラスを構成し、ヨガインストラクターとして実際に教えることができるようにします。

ヨガの指導では、いかに的確に伝えるかが重要です。 どんなにヨガのことが詳しくても、どんなに難しいアーサナ(ポーズ)ができても、それを生徒の方に上手く伝えることができなければヨガインストラクターとして活躍することはできません。

超美人ヨガではアーサナを的確に伝えるためのメソッド(方法論)があります。 それを学ぶことで質の高い指導が可能となります!


★超美人ヨガ指導メソッド3つのポイント&3つのワード
この方法を学ぶことで、ヨガ経験が少ない方や指導経験がない方でも、うまく生徒の方に伝えることができるようになります。

※ヨガを知っているだけではヨガを教えることはできません。 様々なアーサナが出来るだけでは、それを教えることはできません。 ヨガ(アーサナ)の実践と指導はまた別物です。 何十年ヨガを実践していても、それを伝える技術がなければヨガインストラクターとして活躍するのは難しいです。

エクササイズ的なヨガやストレッチヨガを教えるのは比較的簡単です。 なぜなら目に見える身体に関することだからです。

しかし、目には見えない心を中心とした本来のヨガをどのように生徒の方に伝えるか、これは非常に難しいです。 超美人ヨガではあえて、それにチャレンジしています! そして10年以上の歳月により、そのノウハウを蓄積しています。


◆実践ヨガクラス
YTT100の実践クラスでは、まずはマントラから始め、パワンムクタアーサナシリーズを中心にアーサナを行い、メディテーション(瞑想)で終わります。 これらの実践を通して、「アーサナとは何か?」「ヨガとは何か?」を体感していきます。 

ヨガでは実践が最も大切です。 いくらヨガに関する知識があっても、実践しなければ何の意味もありません。 実践ヨガクラスでは、実践を通してヨガを理解していきます。


◆実技テスト&筆記テスト
これら試験は単なるテストではなく、ヨガインストラクターとして活躍するための実践的なトレーニングです。

実技テストでは、全員がお一人ずつヨガのクラスを実演していただきます。

これらを通して、ヨガインストラクターとして何が足りないのか、また今後どのような訓練を続けていけば良いかがわかります。 ただ資格を取っただけで終わらない使えるスキル(技術)を身につけます!

超美人ヨガでは、YTT100で1回、YTT200で2回、お1人ずつヨガクラスを実演していただく機会があります。 実際にヨガを教える経験ができます。 

これはヨガインストラクターになるために最も重要なことです。 資格があっても、知識があっても、実際にヨガを教えることができなければ、ヨガインストラクターにはなれません。


代表ウプカルからの個別指導&個別評価!
実技テストでは、代表ウプカルから実技の内容について、ヨガインストラクターとして活躍するために、お一人お一人に個別に細かなアドバイスがあります。 少人数だからできる個別指導!

※超美人ヨガ創始者、ヨガマスターUpkar(ウプカル)コース全体の約90%を担当します。


オリジナルテキスト以外に、<インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ> (各自購入)を使います。

副教材: 「沈黙の科学10日間で人生が変わるヴィパッサナ瞑想法」by Upkar
副教材: 「あなたの運命を決めるサムスカーラ」by Upkar

※必須クラスに出席し試験に合格した方へ”ヨガインストラクター養成YTT100資格認定書”を授与いたします(認定書ホルダー付きで、カッコいい!) 。 この認定書をお持ちの方は、のヨガインストラクター養成YTT200を受講することができます。


<東京ヨガインストラクター養成資格>

<名古屋ヨガインストラクター養成資格>

<大阪ヨガインストラクター養成資格>

<福岡ヨガインストラクター養成資格>

<ヨガインストラクター養成資格TOP>