Ananda Yoga

ヨガインストラクター養成プロフェッショナル講座

ヨガプロフェッショナル養成資格取得

Ananda Yoga

ヨガインストラクター養成プロフェッショナル講座

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」では、ヨガインストラクター養成講座の上級資格コース(Advanced Program)として、ヨガのプロになるヨガプロフェッショナル養成講座(Yoga Professional Training)を開催しています。

超美人ヨガインストラクター養成YTT200修了者で、ヨガ起業に興味がある方や、すでにヨガ教室を自ら運営している方、またはヨガインストラクターとしてすでに活躍中の方、そしてヨガ指導経験がなくてもヨガを日々実践している方が参加できます。

他のヨガインストラクター養成講座の卒業生の方で、ヨガプロフェッショナル講座に興味がある方は、一度お問い合わせください。過去の経験などにより参加できる場合があります。

ヨガプロフェッショナル講座で、単なるヨガインストラクターではなく、ヨガのプロであるヨガプロフェッショナルインストラクターになります。

※ヨガプロフェッショナル講座終了後、Yoga Professional Association(ヨガプロフェッショナル協会)への登録申請により、ヨガプロフェッショナル認定RYP350RYP500RYP600がそれぞれ与えられます。


ヨガプロフェッショナル3つのレベル


ヨガプロフェッショナルには3つのレベル(段階)があります。

@YTT350 Integral
AYTT500 Genuine
BYTT600 Complete

<受講資格>

@全米ヨガアライアンス認定YTT200修了者
全米ヨガアライアンス認定のYTT200(Yoga Teacher Training200)を修了した方
※全米ヨガアライアンスryt200に登録していなくても受講できます。
※超美人ヨガ以外のスクールでRYT200を取得した方も参加できる場合があります。興味がある方はお問い合わせください。

A継続したヨガ経験
YTT350での学びをより活かしていただくためにヨガを指導した経験がある方が望まれます。
※ヨガ指導経験がなくても、ヨガを教えるつもりがなくても、ご自身のために受講することもできます。ヨガの学びを通して自分自身が良い状態になれば、それは自然に周りに伝わり、ヨガを教えなくても、教えるのと同じことになりえます。

B本来のヨガを指導いただける方
超美人ヨガの考えや方針に共感し、自らも本来のヨガを実践する方、さらにそれを指導し広めていく意思がある方。


ヨガプロフェッショナル養成YTT350講座

<クラスの構成>
YTT350は3つのModule(モジュール)に分かれています。 さらに、それぞれのモジュールは4つのLesson(レッスン)に分かれています。さらに、スペシャルトピック、デイリートレーニング、およびAnandaYogaエッセンシャルの内容があります。

・ModuleT: Lesson1、Lesson2、Lesson3、Lesson4
ModuleU: Lesson5、Lesson6、Lesson7、Lesson8
ModuleV: Lesson9、Lesson10、Lesson11、Lesson12

Special Topics:
スペシャルトピックは、各レッスン内容以外に、ヨガプロフェッショナルとしてヨガのより専門的な分野を修得していくものです。一般のヨガインストラクターとは一味違った知識と技術を学びます。

デイリートレーニング(Daily Practice1-12):
各レッスンごとに、日々行うべきヨガトレーニングプランが提示されます。それを自宅で各自行っていただきます。また、このトレーニングプランは、実際に自らが生徒さんを指導する時に、生徒の方への日々のトレーニングプランとして利用いただけます。

受講費用
受講費: 20万円(税別)
入会金: 不要
その他: 消費税
ヨガプロフェッショナルYTT350オリジナルテキスト(約230ページ)無料

<審査&選考>
超美人ヨガインストラクター養成講座の修了者ではない方が、YTT350の受講を希望する場合には審査および選考があります。ご希望されても受講できない場合がありますので、あらかじめご了承をお願いいたします。

教室側としての責任(受講者の皆様のご希望に合った学びを提供する)を重視し、希望者を安易に受け入れることはしておりません。ご理解の程、宜しくお願いいたします。 


ヨガプロフェショナル認定ロゴ

ヨガプロフェッショナル養成コースを修了し、一定の条件を満たした方には、ヨガプロフェッショナルの証(あかし)であるRYP(Registered Yoga Professional)ロゴが与えられます(下記)。 


ヨガプロフェッショナル養成YTT350認定
RYP350(Registered Yoga Professional 350)


ヨガプロフェッショナル養成YTT500認定
RYP500(Registered Yoga Professional 350)


ヨガプロフェッショナル養成YTT600認定
RYP600(Registered Yoga Professional 350)


ヨガプロフェショナル(RYP)

RYPは単なるヨガインストラクターではなく、本物のヨガを学び実践し、そして本物のヨガを指導できる、ヨガプロフェッショナルインストラクター認定です。

@認知度のアップ
個人でヨガ教室を開業されているかた、ヨガ起業を考えている方は、教室の価値を高めるため、また広告宣伝として利用いただけます。

Aヨガインストラクターとの差別化
現在は、たくさんのヨガインストラクター養成講座があり、すでにヨガインストラクターは数多く存在しています。ヨガの分野で活躍するため、ヨガプロフェッショナルとして、一般のヨガインストラクターとの差別化をはかることができます。

B継続学習
講座終了後も継続的な学びの場を提供いたします。それぞれの学びや経験を持ちより、お互いのヨガの知識やスキルを高めていきます。


現在募集中のヨガプロフェッショナル養成講座

<大阪ヨガプロフェッショナル養成YTT350>


<ヨガインストラクター養成資格TOP>
”King of Yoga(ヨガの王道)”
ここでしか学べないヨガがある!