ヨガインストラクター養成参加のお礼














ヨガインストラクター養成参加のお礼  

廣田瞳様へのお礼

超美人ヨガインストラクター養成にご参加いただき有難うございました。

人によって違いますが、廣田さんのように「超美人ヨガ」をとおして心身ともに調子が良くなる人は多いです。

エクササイズ的なものと違い、精神面への変化をもたらすことができるのは”本来のヨガ”の特徴です。

廣田さんもおっしゃているとおり、心と体は密接につながっています。

心の健康が体の健康、体の健康は心の健康となり互いによい影響を及ぼしてあっています。

廣田さんは、それを経験とした学ばれました。

素晴らしいことです!

ただ知識として知っていても私たちの日常ではそれほど役に立ちません、しかし経験として蓄えたものは直接私たちによい結果をもたらしてくれます。


クラスでは議論することが多かったとおっしゃっています。

これは、超美人ヨガのインストラクター養成講座の1つの特徴です。

先ほどの部分とも関係していますが知っているだけではあまり役に立ちません。
議論をとおして、”知っている”から”理解している”と知識を自らのものとしていく、とともに”自ら考える”という習慣をつけてもらいたいのです。

私たちは現代社会で様々な情報に日々さらされています。
それらをただ受け取るのではなく、自ら考えることにより捨てる物は捨てる受け入れるものは受け入れると選択していかなければなりません。

そうしないと、大量の情報に惑わされ、流されてしまいます。
すると、自分の人生を見失うことにもなりかねません。

したがって、議論をとおして、自ら考えるというのは非常に重要です。
廣田さんはそのあたりの意図をしっかり理解していただいています。


最後に試験についてもご感想をいただきました。
超美人ヨガのインストラクター養成講座ではYTT100で筆記テストおよび実技テストがあります。YTT200では、実技テストが2回とエッセイの提出と発表があります。

これら試験は、非常に実践的な訓練で特に実技テストは、いえばヨガインストラクターとして指導するための予行演習なのです。

さらに、実際にやってみるというのは非常に大きな経験となります。

自分には何が足りないのかが実感でき次にやるべきことが見えてきます。

ただアーサナのやり方を知っているだけと、そのアーサナを指導できるというのはかなり大きく違います。

ヨガインストラクターはただ知っているだけではできません。

試験をとおして、準備など大変ですが取っただけでは終わらない使える(実践的な)ヨガインストラクター養成講座を実現しています。

非常に貴重なご意見を有難うございました。今後とも、本来のヨガを続けていき、目指すべき(人の為に「何か」ができる)インストラクターを実現していただければ素晴らしいです!


超美人ヨガ 代表ウプカル


<卒業生の声へ戻る>