Ananda Yoga

ヨガインストラクター養成資格東京、大阪、名古屋、福岡、神戸

Ananda Yoga


インストラクター養成はじめに
東京プログラム
大阪プログラム
名古屋プログラム
福岡プログラム
福岡プログラム
身も心も綺麗になるヨガを学びひとりひとりの本当の幸せに貢献する


ヨガインストラクター養成資格取得10年以上の実績があります!
東京大阪名古屋福岡神戸でヨガインストラクター養成講座を開催しています!
全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクターの資格取得ができます!
米国MBA(Master of Business Administration)資格保持者でヨガマスターの代表ウプカルから直接学べます!
"King of Yoga(ヨガの王道)"本来のヨガが学べます!
少人数(1クラス6名限定)なのでしっかり学べて安心、さらに大変お得です!
★ポーズインストラクターではなく、本物のヨガインストラクター、そして超美人(本物のヨギーニ)になります!
超美人ヨガは、身も心も綺麗になるヨガです!

<心が分からなければ、ヨガ(Yoga)は分からない>
(↑)ヨガインストラクターを目指す方は必読です!

<超美人ヨガインストラクター資格/卒業生の声>
(↑)これを読めばAnandaYogaで何が学べるかわかる!

ヨガインストラクターの資格を取得した卒業生たち

東京ヨガスタジオ(新宿/代々木)

<住所>東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目30-11
MEPO I ビル5F(最上階)

※女神の像がお出迎え!
※超人(本物のヨギーニ)が集まるヨガの隠れ家
東京ヨガスタジオの様子はこちら!

大阪(関西では「なんば駅」、名古屋では地下鉄「市役所駅」、福岡では「天神駅」、そして神戸では「三宮駅」徒歩圏内の会場/スクールにて、それぞれ全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター養成資格取得コースを開催しています。

ヨガインストラクター資格YTT350ロゴ
YTT350 Integral

ヨガインストラクター資格YTT500ロゴ
YTT500 Genuine

ヨガインストラクター資格YTT600ロゴ
YTT600 Complete

全米ヨガアライアンス認定YTT100&YTT200ロゴ
YTT100&YTT200


YTT350 Integral

ヨガインストラクター養成資格認定

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」は、全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)の正式資格認定校(RYS:Registered Yoga School)です。 但し、エクササイズ的/ストレッチヨガではなく、"King of Yoga(ヨガの王道)":本来のヨガを実践しています。

単にポーズを教えるポーズインストラクター(すでに数多くいる)ではなく、本物のヨガを教えることができるヨガインストラクターを養成しているヨガインストラクター資格取得スクールです。 

"King of Yoga(ヨガの王道)"を学ぶことで、ヨガインストラクターとして自信を持って指導することができます!

・単にポーズを教えるポーズインストラクターになるのか?
本物のヨガを教えるヨガインストラクターになるのか?

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」は本物のヨガインストラクター養成専門の資格取得プロスクール、YPS(Yoga Professional School)です。


YTT500 Genuine

ヨガインストラクター資格:2種類の講座

@ヨガインストラクター資格取得コースとしてYTT100認定YTT200認定東京大阪名古屋福岡神戸

Aヨガプロフェッショナル資格取得コース(ヨガのプロ)としてYTT350認定YTT500認定YTT600認定東京大阪名古屋福岡神戸

初めての方は、まずはヨガインストラクター資格YTT100認定とYTT200認定をご検討ください。 

YTT100とYTT200だけでも、本来のヨガ(インド源流の本物)と世界基準のヨガを体系的に学ぶことができます。 そして、ヨガインストラクターとして、初級から経験者レベルのクラスを教えることができます! 

YTT200認定まで修了すれば全米ヨガアライアンス資格認定RYT200(Registered Yoga Teacher 200)を取得することができます(100%保証)。

さらに日本ではまだ20数名しか合格者がいないインド政府公認のプロフェッショナルヨガ検定にも合格が可能です。 YTT200の卒業生で、特別な準備をすることなく、AnandaYogaでの学びだけで、すでに合格した人がいます。 そのくらい超美人ヨガインストラクター養成資格コースではしっかりした本物のヨガが学べます。

ではなぜ超美人ヨガの卒業生はインド政府公認プロフェッショナルヨガ検定に合格できたのしょうか? そのポイントはインド伝統のヨガ(本物のヨガ)です。 そしてそれは超美人ヨガが最も得意とする分野なのです。

自らも超美人(本物のヨギーニ)となり、本物のヨガインストラクターとして自信をもってヨガを教えることができます。

超美人ヨガでは、ヨガインストラクター資格の上級認定コースとして、ヨガプロフェッショナル養成コース(YTT350認定、YTT500認定、YTT600認定)があります。 ヨガ起業やヨガ教室の運営をしたい方、ヨガインストラクターとしてすでに活躍している方やYTT200を修了した方で、ヨガインストラクターとしてのスキルアップ、レベルアップをする、ヨガのプロになる方はご検討ください。

<ヨガプロフェッショナル養成資格認定TOP>


YTT600 Complete

本物(ヨガのプロ)を目指す方お待ちしております! 

単に全米ヨガアライアンス認定などのヨガインストラクターの資格取得ができれば良いとお考えの方はご遠慮ください。 

ヨガインストラクター養成資格コースを受講するのに、ヨガ経験は不問です。 ヨガ経験が少ない方、未経験の方でもAnandaYogaで本来のヨガを学びたいというお気持ちがある方は歓迎です。

超美人ヨガインストラクター養成コースは、全米ヨガアライアンスの資格取得というだけでなく、インドのヨガコースでも実際に使われている教材を基にした、充実した確かな内容で、しっかり学ぶということを重視し、「少人数(1クラス限定6名様)」でヨガインストラクター資格取得コースを開催しています。
<超美人ヨガインストラクタイー養成の充実した内容の根拠>

ステップ・バイ・ステップで、ヨガの基礎から上級レベルまで、徐々にヨガプロフェッショナルとしての知識や技術を向上させていきます。 これはヨガインストラクターになるためには必要なプロセスです。 簡単に、また楽にヨガインストラクターになれたとしても、長続きしません。 それではヨガインストラクターとして活躍するのは難しいでしょう。

短期間でヨガの資格が取れるようなコースもありますが、短期でどれだけのことが学べるのでしょうか? しっかり学べるヨガインストラクター資格認定コースを選ぶことがヨガインストラクターとしての近道なのです。
<ヨガインストラクター資格短期>

超美人ヨガのすべての資格認定コースは、少人数(1クラス6名限定)制なので毎回同じメンバー(仲間)が集まり、全員で1つの目標に向かい、切磋琢磨し、お互いに高めあうことができます。 

講座終了後は、みんな仲良くなり、その後も連絡を取り合い、関係が続く方が多いです。 本当のこと、本質を語り合えるヨガ仲間ができます!
<みんなでヨガを学ぶ(ヨガインストラクター養成卒業生のエッセイ)>


YTT100認定&YTT200認定

超美人ヨガインストラクター養成オリジナル
<オリジナルテキスト>
<オリジナルTシャツ>
<オリジナルエコバック>

受講プロセス&受講審査 

超美人ヨガインストラクター資格認定の費用

<お問い合わせ>anandayoga@yoga-bijin.jp
※お名前(フルネーム)、ご年齢と受講希望場所を明記ください(すべて必須)。

<問い合わせについて(電話など)>

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」HOME

全米ヨガアライアンス認定については下記ご参照ください。
<全米ヨガアライアンス認定TOP>

ヨガインストラクター養成お申込/その他

<ヨガクラス体験参加お申込> <超美人ヨガ代表Upkarの本> 

<ヨガインストラクター資格の費用について>

「超美人ヨガ(Ananda Yoga)」
東京ヨガスタジオ

約90分間/5,000円(税込)
◇はじめての方限定◇

ヨガインストラクター資格取得の体験クラス

<体験参加についてご確認ください>

<ヨガインストラクター求人>

<ページTOPへ戻る>

ヨガインストラクター資格/全米ヨガアライアンス認定

ヨガインストラクター資格取得コースとして、時々耳にする”全米ヨガアライアンス認定”というものがあります。 では、この全米ヨガアライアンスとはいったい何なのでしょうか? それは任意の非営利団体です。

全米ヨガアライアンスでは独自にヨガインストラクター資格取得コースとしての基準を設けています。  その基準とは、ヨガインストラクター資格取得コースが、どういった内容(ヨガ哲学やアーサナなどの実技)をどのくらいの時間数かけて学ぶべきかを指定しています。 そして、その基準に適したヨガインストラクター資格取得コースを実施している学校を全米ヨガアライアンス認定校(RYS: Registered Yoga School)としています。

全米ヨガアライアンス認定校になるためのプログラムの基準に関しては、例えば、アーサナやプラーナーヤーマなどヨガの実技に関して100時間、ヨガ哲学などに30時間といったかたちです。

これらの基準はあくまでも大枠のみで、項目はある程度指定されていますが、同じ全米ヨガアライアンス認定校であっても、その内容は様々です。 ヨガインストラクター資格取得コースを選ぶとき、その学校が全米ヨガアライアンス認定校であればある程度の安心感はあります。 しかし、それぞれのコース/学校の内容を見極めることが大切です。

短期で資格を取得するヨガインストラクター資格取得コースがありますが、それはその教室独自の資格で、全米ヨガアライアンス認定ではないでしょう。 なぜなら、すでに見てきたとおり全米ヨガアライアンスの資格を取得するには学ばなければいけない時間数が決まっているのです。 したがって、全米ヨガアライアンス認定資格取得コースで短期というのはあり得ません。 短期で全米ヨガアライアンスの資格取得はできません。 

結論として、全米ヨガアライアンス認定校ということであれば、世界基準のヨガインストラクター養成認定コースのプログラムであるという安心感はあります。 しかし、スクールによって内容が異なるので、しっかりとそれぞれのヨガインストラクター資格取得コースの内容を見ることが重要です。 

そのヨガインストラクター養成コースで、本当にしっかり学べるのか?  そこで教えられている内容の根拠は何なのか? そこでは本物のヨガを学べるのか? アーサナ(ポーズ)だけでなく、プラナーヤーマやメディテーション、マントラなどヨガで重要な技術を学べるのか? そこで信頼できる指導者から学べるのか? そのスクールの募集人数は何人なのか? そしてそれは適切な人数なのか?

全米ヨガアライアンス認定になっているスクールとそうでないスクールでは、どのように違うのでしょうか? 

全米ヨガアライアンス認定ではないスクールの場合は、一般の人がそのコースの内容を見極めるのは非常に難しいです。 受けてみなければ、そのヨガインストラクター養成資格が良いコースなのかどうか判断できないでしょう。 何らかの理由がある場合を除き、全米ヨガアライアンス認定校でないスクールは避けたほうが良いかもしれません。 

ヨガインストラクター求人などに応募する場合でも、全米ヨガアライアンス認定というのは1つの分かりやすい印になります。 ヨガインストラクターを求人する側にとって全米ヨガアライアンスのヨガインストラクター資格取得コースを修了している人は、その他の資格取得者と比べて、比較的安心してヨガクラスを任せることができます。 結果としてヨガインストラクター求人に応募するとき、ヨガインストラクターになるためには、全米ヨガアライアンス認定は一つの武器になります。

現在では、全米ヨガアライアンス認定は持っていて当たり前の時代になりました。 したがってそれを持っていてもマイナスになることはなくても、大きなプラスにはなりません。 逆に全米ヨガアライアンス認定を持っていないとヨガインストラクターになるためはマイナスとなってしまうかもしれません。 全米ヨガアライアンス以外の資格は、世界基準で考えるとほとんど意味はないかもしれません。

ヨガインストラクターとして活躍するには本当にどれだけのヨガに関する知識と技術を身に着けているかが重要になります。 全米ヨガアライアンス認定校の中でも、その内容を見極め、しっかり学べるところを選びましょう!

有名なヨガインストラクター養成スクールだとか、ブランド、名前にこだわらず、全米ヨガアライアンス認定だからといって安心せず、ご自身でしっかりとそのヨガインストラクター資格取得コースの中身を見極めることが大切です。 比較検討する時間を確保し、しっかり学べるヨガインストラクター資格取得コースを見つけましょう! 

日本ではインドから直接ではなく、欧米経由でのエクササイズ的なストレッチヨガが広く行われています。 そういったスクールでは、たとえ全米ヨガアライアンス認定校であっても、実際にヨガを体系的に学べるかどうかは疑問が残ります。 

ポーズは教えることができるが、ヨガ(本物の)は教えることができないといったことになってしまいます。 ヨガインストラクターというからには、アーサナ(ポーズ)だけでなく、プラーナーヤーマやメディテーション、マントラなどヨガをトータルで指導できなければなりません。

もし、エクササイズ的なストレッチ・ヨガではなく、本来のヨガを学びたい、本物のヨガを教えることができるヨガインストラクターになりたいのであれば、ポーズ中心の学校は避けたほうが賢明でしょう! 

ヨガインストラクター資格取得を目的としたスクールや、1クラス10名以上募集の大量ヨガインストラクター養成スクールもしっかり学べずに、後悔するかもしれないので注意してください。

単にポーズを教えるポーズインストラクター(エクササイズ的/ストレッチ・ヨガ)は飽和状態(すでにたくさんいる)であり、今から学んでも、ホットヨガのインストラクターくらいしか、指導するヨガ教室やスタジオを見つけるのが難しいかもしれません。 ホットヨガのインストラクターになりたい人は、ヨガインストラクターの資格がなくても比較的簡単になれるようです。 <ホットヨガはヨガなのか?>

また自分でヨガの教室、スクールを始めるヨガ起業を考えている人は、本物のヨガ、本来のヨガをしっかり学べるヨガインストラクター養成資格取得コースを選びましょう。 会社を辞めて、もしくは副業として起業を考えるかたも多いようです。 ヨガでの起業は、大きな設備投資も必要なく、個人でも比較的始めやすいです。 

AnandaYogaの代表であるウプカルは米国MBA(ビジネススクール)で起業論を専攻しており、将来的にヨガ起業を考えている人は、様々な具体的アドバイスを得ることができます。

さらに本来のヨガをしっかり学んでおくと、実はポーズ中心のヨガも教えることは簡単です。 ポーズ中心のヨガと本来のヨガである心を中心としたヨガ、どちらが教えることが簡単でしょうか? それは明らかにポーズ中心のヨガです。 なぜならポーズ(身体)は目に見えるので教えやすいです。 一方で心は身体と違い目に見えないし教えるのが非常に難しいのです。 

心という難しいものを扱う本来のヨガは、非常に奥深く学べば学ぶほどその魅力がわかってきます。 心を中心とした本来のヨガは、チャレンジする価値があるものです。

本来のヨガであるKing of Yoga(ヨガの王道)をトータルで指導できるヨガインストラクターはほとんどいません。 ヨガインストラクターとして活躍するチャンスが大です! 

ポーズ中心のヨガインストラクターがたくさんいるなか、本物のヨガを学んでいるとヨガインストラクターになるために大きなアピールポイントになります。 さらに自らヨガ教室・スタジオを起業するときも、どこにでもあるようなヨガスクールではなく、生徒の方に興味を持ってもらえるような魅力的なヨガスタジオ・スクールにできるでしょう。

King of Yoga(ヨガの王道)を学べば、他の人とは違った、自分のヨガブランドを作ることができます!

ヨガインストラクターになるためには、またヨガ起業するためには、全米ヨガアライアンス資格取得とともに、ヨガの本質をしっかり学ぶということを覚えておきましょう。 ヨガの本質を理解するためには、「ヨガとは?」「心とは?」「心と体の関係は?」などを学ばなければなりません。

超美人ヨガインストラクター養成資格コースでは、最初にこれらのヨガの重要な項目を学んでいきます。 これがヨガインストラクターになるためのファーストステップです!

<お問い合わせ>anandayoga@yoga-bijin.jp
※お問い合わせの際は、お名前(フルネーム)、ご年齢と受講希望場所を明記ください。

<ページTOPへ戻る>