Ananda Yoga

全米ヨガアライアンスとは

全米ヨガアライアンスとは?

Ananda Yoga

全米ヨガアライアンスついて

ヨガインストラクターの資格を考えるとき、数多くあるヨガインストラクター資格の中で、どの資格を取得すべきでしょうか?

その答えの1つが全米ヨガアライアンス認定の資格となります。

なぜなら全米ヨガアライアンスは世界的に広く知られているヨガインストラクターの資格だからです。

全米ヨガアライアンスの資格も現在は多くありますが、その中心はRYT200(Registered Yoga Teacher 200)です。

全米ヨガアライアンスRYT200はヨガの資格のスタンダード(標準)になっています。


全米ヨガアライアンス資格は本当に必要か?


全米ヨガアライアンスは、世界的に最もよく知られているヨガインストラクターの資格であることは間違いありません。

しかし、ヨガインストラクターになるために、それが必ずしも必要かと言えば、そうではありません。


Point: 全米ヨガアライアンスは絶対に必要なものではない!


もちろんヨガインストラクターになるために、またヨガインストラクターとして、何らかのヨガの資格は持っておくべきです。しかしその資格は全米ヨガアライアンスである必要はありません。

全米ヨガアライアンス以外の資格を取得して、ヨガインストラクターとして活躍している人もたくさんいます。また全米ヨガアライアンスの資格の権利はあるが、登録せずに活動している人もたくさんいます。

結局、ヨガインストラクターになるために、またヨガインストラクターとして必要な資格は何でも良いのです。

大切なことは、「何を学ぶか?」「何を習得できるか?」です。

ヨガインストラクターの資格では、その資格自体ではなく、資格を取得するためのヨガインストラクター養成講座の選び方が最も重要になります。なぜなら全米ヨガアライアンスの資格を取得できても、しっかりヨガをしっかりヨガを学び、習得しておかなければヨガインストラクターになることができないからです。

※全米ヨガアライアンスの資格取得を目的としたヨガインストラクター養成スクールがあります。そうした学校では資格は簡単に取得できるが本物のヨガが学べない、本物のヨガの技術が習得できないので注意が必要です。

Point: ヨガインストラクター養成講座の選び方が最も重要

資格取得目的ではなく、しっかりヨガを学べるヨガインストラクター養成講座を選び、そこでヨガインストラクターとして必要な本物のヨガの知識と技術を習得することが一番大切で、ヨガインストラクターとしての近道になります。

Point: 全米ヨガアライアンスは必須ではありません。


@全米ヨガアライアンス認定(資格)とは?

A全米ヨガアライアンス認定の基準とは?

B全米ヨガアライアンス取得のメリット(利点)は?

C全米ヨガアライアンス認定校(RYS)とは?

D全米ヨガアライアンス登録インストラクター(RYT

E全米ヨガアライアンスのE-RYTとは?


全米ヨガアライアンス資格を取得するためには?

全米ヨガアライアンスの資格を取得するためには、どうすればよいでしょうか?

それは全米ヨガアライアンス認定校(RYS: Registered Yoga School)で全米ヨガアライアンスの基準に合ったヨガインストラクター養成資格講座を受講し、全米ヨガアライアンスに登録するのに必要となる認定証を受け取ることです。

そして全米ヨガアライアンスのホームページにて、個人のアカウント作成を経て、受け取った認定証などにより登録することになります。

全米ヨガアライアンスに登録が完了すれば、正式に全米ヨガアライアンス登録ヨガインストラクター(RYT:Registered Yoga Teacher)として活動することができます。


まとめ:

・全米ヨガアライアンスの資格は世界で広く知られているヨガの資格である。

・全米ヨガアライアンスの資格は必須ではない。

・大切なのは資格取得ではなく、しっかり本物のヨガを学ぶこと。

全米ヨガアライアンスなどのヨガインストラクターの資格を取得するには、ヨガインストラクター養成講座を受講します。そして、非常に多くのヨガインストラクター養成講座があるので、どのスクールの講座を受ければいいのか迷ってしまいます。 

どのヨガインストラクター養成を受講するかは、ヨガインストラクターになるため、またヨガインストラクターとして活躍するために非常に重要です。

ヨガインストラクター養成で失敗しないためにスクールは慎重に選びましょう! 

<ヨガインストラクター養成資格TOP>