Ananda Yoga

全米ヨガアライアンス資格取得

全米ヨガアライアンスとは?

Ananda Yoga

全米ヨガアライアンス認定について

ヨガインストラクターの資格として、時々耳にする全米ヨガアライアンスの資格というものがあります。 では、この"全米ヨガアライアンス"とはいったい何なのでしょうか?

それは、任意の非営利団体です。

全米ヨガアライアンスでは、独自にヨガインストラクターとしての基準を設けています。 そして、その基準に適したヨガインストラクター養成資格取得コースを実施している学校を全米ヨガアライアンス認定校としています。


全米ヨガアライアンス認定校になるためには、指定された基準を満たさなければなりません。 その上で、全米ヨガアライアンスへ、必要書類と費用を用意し、認定校の登録申し込みを行います。

全米ヨガアライアンスの認定基準に関しては、例えば、アーサナやプラーナーヤーマなどヨガの実技に関して80時間、ヨガの哲学などに30時間といったかたちです。 これらの基準は大枠のみで、項目はある程度指定されていますが細かい内容の部分は学校によって違ってきます。

したがって、全米ヨガアライアンスの認定校であっても、大まかな項目は同じであっても指導内容は大きく違うということもあります。 ヨガインストラクターの資格を取得するにあたって、全米ヨガアライアンスの認定コースであれば、ある程度は安心ですが、内容が学校によって違うので、ご自身にあったスクールを選ぶようにしましょう。

さらに1クラスの人数も決まっていないので、10名以上のヨガインストラクター大量養成コースから少人数(6名以下)のコースもあります。 やはりお勧めは、しっかり学べる少人数(1クラス6名以下)の全米ヨガアライアンス認定コースです。 
<少人数(1クラス6名限定)ヨガインストラクター養成コース>


たくさんの全米ヨガアライアンス認定コースがあり、どのスクールが良いのか迷ってしまいますね。 全米ヨガアライアンス資格取得のヨガインストラクター養成コースの選び方は下記をご参照ください。
<失敗しないヨガインストラクター養成コースの選び方>


全米ヨガアライアンス認定校を卒業すると・・・

※全米ヨガアライアンスに、ヨガインストラクターとして登録することができます。
<全米ヨガアライアンス登録インストラクター>

※全米ヨガアライアンスに、あなたの情報が掲載されるので、ヨガ教室などから連絡がくるかもしれません。
<全米ヨガアライアンス利点>


全米ヨガアライアンスは、現在世界で唯一認められているヨガの資格でありヨガインストラクター(指導者)として活躍するには必要なものだといえます。 ヨガインストラクター資格のスタンダードになっています。


全米ヨガアライアンス認定スクールで、ヨガインストラクター養成コースを修了することにより、ヨガインストラクターとしてある一定レベルに達しているということができます。

全米ヨガアライアンスの認定を受けるには、200時間近くの学びが必要となります。 200時間というと集中的に毎日受けたとしても約1ヶ月は必要です。 簡単なものではありません。

したがって、全米ヨガアライアンスの認定どうこうというより、200時間学んだことがヨガインストラクターとしての自信になるでしょう!


「超美人ヨガ(AnandaYoga)」は、全米ヨガアライアンスの認定校です。 私どものヨガインストラクター養成コースを終了すれば、全米ヨガアライアンスのヨガインストラクター(Registered Yoga Teacher: RYT)として登録することができます(100%保証)。

ヨガインストラクター養成について詳しくはこちら

<全米ヨガアライアンス認定校の学習項目>