ヨガインストラクター養成オリジナル学習法














ヨガインストラクター養成
オリジナル学習方法

ヨガインストラクター養成オリジナル学習法


ただ知識としてヨガを知っているだけでは、それを実際に使うことはできませんし、ヨガを教えることもできません。

ヨガインストラクター養成資格コースで注意しないといけないのは、学んだことをしっかり身につけ、使えるものにすることです。 そうでないと、ただヨガの資格を取っただけ、もっているだけで後悔することになってしまいます。 実際に、そういうかたも多くいるようです。 あなたはそうならないようにしましょう。

<失敗しないヨガインストラクター養成資格の選び方>

※学んだ知識を使えるものにしなければ、ヨガインストラクターとして活躍するのは難しい!

AnandaYogaインストラクター養成オリジナル学習法とは?

全米ヨガアライアンス認定の超美人ヨガ(AnandaYoga)ヨガインストラクター養成資格コースでは、”ただ資格を取る”、”認定を受ける”といったことではなく、しっかり身に付け、使えることを重視しています。 そのために様々な工夫(学習法)があります。

ヨガインストラクター養成コースの責任講師である「超美人ヨガ(AnandaYoga)」代表のウプカルは、米国MBA(経営学修士)を取得しており、米国にて様々な学習法を学んできています。

それらをヨガインストラクター養成コースにも応用して、効率的にしっかり身につくオリジナルのプログラムを構築しています。 下記が「超美人ヨガ(AnandaYoga)」オリジナルの学習法の主要な部分です。


 T/T/D Method
しっかりと使える技術を習得するため「超美人ヨガ(AnandaYoga)」では、Think(考える)、Talk(話す)、Discuss(議論する)の3つのプロセスを行います。

1つの項目に関して、先生から生徒へ一方的に教えられるのでなく、

@まずはひとりひとりが考え"Think"

Aさらに、その考えを他の仲間に話し"Talk"

B最後に、みんなで、ああでもない、こうでもないと意見交換をする"Discuss"

といったプロセスを行います。

◆TTD Methodにより、情報をただ知識(知っているだけ)としてではなく、使える知恵として獲得していきます。


 体系的学習(Systematic Learning)
ヨガでは、特に哲学など非常に理解が難しい項目が多く出てきます。 それらをしっかり身につけるためには、各項目を体系的に理解することが必要です。

例えば、A,B,Cといった3つの項目に関して、それぞれを別個に独立して理解したとしてもあまり役には立ちません。 よく例えで出てきますが”木を見て森を見ず”になってしまいます。

使える知恵を得るには、A,B,Cのそれぞれを理解するとともに、それらの関連を学ばなければなりません。 ヨガで必要な項目を関連付けて、体系的に学んでいくことで、ヨガというものが理解できます。 ヨガの全体像が理解できるのです。

ヨガの専門用語など個別の言葉を知っているだけでは、ヨガインストラクターとして、生徒の方からの質問に柔軟に答えることはできません。 学んだ内容を関連付けて理解することで、生徒の方からの様々な質問にも的確に答えることができます。
 
◆ヨガインストラクター養成では、ヨガをトータルで、体系的に学ぶことが大切です!


 ケーススタディ(Case Study)
ケーススタディというのは、もともとはハーバードビジネススクールで編み出されたもので、現在ではMBA(経営学修士)など欧米で広く使われている学習メソッドです。

これは実際の事例を使い学んだ事柄をより具体的に、実践的に学んでいくものです。 単に知識として持っているだけでなく、それを使えるようになるために重要なトレーニングです。

◆AnandaYogaのヨガインストラクター養成講座でも、実際の事例を使う”ケースステディ”により、学んだことをより使える実践レベルへともっていきます。


少人数制(1クラス6名限定)
私たちは過去の経験から、生徒の方全員にしっかり学んでいただくための最適な人数は1クラス6〜8名までと考えています。

確かに教室としては、生徒の方を1クラスで10人も20人も集めれば儲かります・・・

しかし、結果として多くの”資格を取っただけ”、”認定を受けただけ”のヨガインストラクターがでてしまいます。


これでは、日本のヨガレベルがいつまでたっても上がっていきません。 本来のヨガのすばらしい技術が一般のかたへ広まることもないでしょう。

ヨガインストラクター養成コースを教える側が各項目について、生徒の方ひとりひとりがしっかり理解しているかを確認しながらクラスを進めるには少人数(1クラス6名)が必須です。 

※1クラス10名以上の大量ヨガインストラクター養成ではしっかりヨガを学ぶことができない!


人数が多くなると質問もしにくくなり、ヨガというものがなんとなくわかったような、わからないような中途半端な状況に陥ってしまいます。 さらに生徒の方同士でお互いに学んでいくという良い環境を構築するのも難しくなります。

加えて、上記T/T/D、体系的学習、ケーススタディを上手く機能させるためには少人数でのクラスが重要になります。

AnandaYogaのヨガインストラクター養成で、少人数(1クラス6名限定)で学べばヨガインストラクターとして様々な知識・技術をしっかり身につけることができます。 ヨガインストラクターとしての確実な一歩を踏み出せます。


楽しんで学ぶ!
最後に学ぶという点では、”楽しむ!”ということが非常に大切です。
楽しむために必要なのはリラックスと適度な緊張です。 緊張しすぎても楽しむことはできません。 緊張とリラックスのバランスが大切です。 この2つのバランスが良くなることで、高い集中力が発揮されます。 結果として、楽しんで学ぶことができます。

少人数でクラスを受けると、先生との距離が遠すぎず、近すぎず、緊張とリラックスのバランスが取れます。 少人数クラスは、楽しん学ぶためにはとても大切です。



<ヨガインストラクター養成資格TOP>

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」HOME