「超美人ヨガ(AnandaYoga)」
ヨガインストラクター養成









ヨガインストラクターになるために!  

ヨガインストラクターになるためには・・・

ヨガインストラクターになりたいというかたが増えています。 私ども「超美人ヨガ(Ananda Yoga)」へも、インストラクターへの応募、またヨガのインストラクターになりたいが・・・という問い合わせ多くなっています。 では、ヨガのインストラクタになるためには、どうすればよいのでしょうか?


ヨガインストラクターになるためには?
多くのかたが誤解されていますが、ヨガのインストラクターになるために特別な資格は必要ありません。 資格が無くても教えることができるのです。 

極端に言えば、すこしヨガ教室に通って、「今日から私はヨガのインストラクターです。」といってもかまいません。 誰でもヨガインストラクターになることはできます。 でも、ヨガの知識や技術を学ぶことなくヨガを教えることはできませんよね・・・。

皆さんが考えるヨガのインストラクターは、定期的に生徒の方にヨガを教えている人でしょう。 そうすると、やはりそれなりの知識、経験、スキルが必要となります。 したがって、それらをまず身につけなければなりません。

ヨガインストラクターになるために必要な知識や技術は、ヨガ教室やヨガスタジオに通ってクラスを受けているだけでは身につけることができません。

ヨガインストラクターになるには、特定の資格は必要ありませんが、やはりしっかりしたヨガインストラクター養成講座に参加することが近道です。 そして、このヨガインストラクター養成講座の選びかたが第1の関門になります。 ここで、失敗し後悔しないように注意しましょう(下記ご参照ください)。

<失敗しないヨガインストラクター養成”資格取得”の選び方>


ヨガインストラクター養成終了後・・・
ヨガインストラクター養成講座が終了すれば、すぐにインストラクターとして活躍することができるでしょうか?

これは、お一人お一人状況が違うので、一概には言えません。 「それは、あなた次第!」といった言い方になってしまいます。

ヨガインストラクター養成講座終了後、すぐに指導することができるかたもいらっしゃいます。 しかし、一般的に、終了後は、ヨガインストラクターへの新たなスタートと考えたほうがよいでしょう!

ヨガインストラクターに限らず、他の分野の仕事でもそうですが、実力がなければ続けていくことはできません。 ヨガインストラクター養成講座終了後は、しっかりと学んだものを自分のものとし、実力を養っていくことを考えたほうがよいでしょう。 

実力について、ヨガに関する知識やスキルのみならず、教える技術が大切です。 ただ知っているのと、それを実際に教えることができるのでは大きな違いがあります。

”ヨガのいろんなポーズができても、それを教えることができるか?”

教える機会があればどんどん教えてください。 ご家族や友人知人などに教えても良いですし、ボランティアで行ってもいいでしょう! 実際に教えてみることで、多くのことを学ぶことができます。 まさに実践的学びです。 これ以上に重要な実力養成の方法はありません。


教えるということ・・・

あなたは今までに、人に何かを教えたことがありますか?

教えることが好きですか?

ヨガが好きという以上に、これは大切なことです。

あなたは、どんな人からヨガを教えてもらいたいですか?

あなたは、そのような人になっていますか?

あなたが「こんな人からヨガを教えて欲しい」というヨガ指導者の理想像を考えてみてください。 そして、それに近づけるように日々実践していかれてはいかがでしょうか。

ヨガインストラクターになるには、あなた次第です! 自分自身をコントロールし、訓練を続けていけば必ず目標は達成できます!

ヨガインストラクターになるために:
・資格や名前ではなく、しっかりした内容のヨガインストラクター養成を受ける
・ヨガインストラクター養成講座終了後も日々ヨガの道を歩む
・チャンスがあれば、どんどん教えて、教えるスキルを磨く
・自分を信じる!

★間違った選択をしないために(→)<インターネット情報の読み方>

<失敗しないヨガインストラクター養成”資格取得”の選び方> 

<ヨガインストラクターとして活躍する!>


<ヨガインストラクターへの近道>


<ヨガインストラクター養成TOP>