全米ヨガアライアンス学習項目  


全米ヨガアライアンス学習項目

全米ヨガアライアンスでは、その認定校になるための基準を定めています。その1つが、ヨガインストラクター養成コースにおける指導内容およびその時間数です。 こういった項目を最低何時間は教えてくださいと、指定しているのです(下記参照)。


全米ヨガアライアンス認定校/指導科目&時間数

   技術訓練・演習(100時間)
    アーサナ、プラナヤマ、ムドラ、クリヤ、チャンティング、マントラ、メディテーション
    その他伝統的ヨガの技術(訓練だけでなく、どのようにそれらの技術を教えるか)

   指導方法論(25時間)
    デモンストレーションの原理、観察、アシスティング/コレクティング、指導、指導スタイル
    指導者の質、生徒の学習プロセス、ヨガの商業面など

   解剖学生理学(20時間)
    人体解剖学生理学、エネルギー解剖学生理学
    (知識面だけでなく、それらをどのようにヨガの訓練に生かしていくか)

   ヨガ哲学/指導者としてのライフスタイルと倫理(30時間)
    ヨガ哲学、ヨガライフスタイル、ヨガ指導者としての倫理

   プラクティカム(10時間)
    実践指導練習およびフィードバックによるさらなる学び、
    他の生徒の指導を観察しフィードバックする、アシストの実践練習

    ※時間数は、最低の基準時間数です。



さらに、全米ヨガアライアンスでは、上記内容と時間数だけでなく、全米ヨガアライアンスの認定を受けた指導者(E-RYT)から最低何時間は指導を受けてくださいと決めてあります。

このE-RYTというのは、ただ単に200時間などの養成コースを修了しただけでは認定されず最低でも1000時間以上の実際のヨガ指導経験が必要となるものです。

ヨガインストラクター養成講座の受講を検討する時には、その先生が1000時間以上の指導経験があるのか(E=RYT)なのかは確認しておく必要があります。
<全米ヨガアライアンス認定について>  <全米ヨガアライアンス利点>

<全米ヨガアライアンス登録インストラクター> <全米ヨガアライアンス認定校>

<ヨガインストラクター養成講座TOP>