Ananda Yoga

全米ヨガアライアンスとは?

by 「超美人ヨガ(AnandaYoga)」

Ananda Yoga

全米ヨガアライアンス認定について

ヨガインストラクター養成講座として、時々耳にする”全米ヨガアライアンス認定”というものがあります。 では、この"全米ヨガアライアンス"とはいったい何なのでしょうか?

それは、任意の非営利団体です。

全米ヨガアライアンスでは、独自にヨガインストラクターとしての基準を設けています。 そして、その基準に適したヨガインストラクター養成講座を実施している学校を全米ヨガアライアンス認定校としています。


全米ヨガアライアンス認定校になるためには、指定された基準を満たさなければなりません。 その上で、全米ヨガアライアンスへ、必要書類と費用を用意し、認定校の登録申し込みを行います。

全米ヨガアライアンスの認定基準に関しては、例えば、アーサナやプラナヤマなどヨガの実技に関して80時間、ヨガの哲学などに30時間といったかたちです。 これらの基準は大枠のみで、項目はある程度指定されていますが細かい内容の部分は学校によって違ってきます。

したがって、全米ヨガアライアンスの認定校であっても、その大まかな項目は同じであっても指導内容は大きく違うということもあります。


ご自身がどういった方向でヨガインストラクターになることを考えているのかを明確にして、各学校の内容をよく検討する必要があります。 全米ヨガアライアンス認定校であっても、ポーズが中心のスクールが多くあり、「ヨガとは何か?」、「心とは何か?」、「心と体の関係はどうなっているのか?」など、本来のヨガを学べないところもあるので注意が必要です。

参照:失敗しないヨガインストラクター養成講座の選び方

ポーズを教えるポーズインストラクターになるのか、本来のヨガ:King of Yoga(ヨガの王道)を教えることができるヨガインストラクターもしくはヨガプロフェッショナルになるのか? この違いは大きい!!


また、全米ヨガアライアンス認定校でヨガインストラクター養成講座を修了したからといって、必ずしもヨガインストラクターになれるとは限りません。

全米ヨガアライアンスの認定校でも、一度に10人以上が定員の大量養成校では、すでに多くの卒業生おり(同じことを学んでいる方がたくさんおり)、ヨガインストラクターとしての差別化が難しく、ヨガインストラクターになるチャンスは少ないかもしれません。

さらに、エクササイズ的なストレッチヨガのヨガインストラクターはすでにたくさんいます。 よほど能力がないと、ポーズ中心のヨガインストラクターはこれからは難しいでしょう。

逆に、エクササイズ的、ストレッチヨガではなく、心を中心としたヨガ、King of Yoga(ヨガの王道)をしっかり学んでいる方は少なく、メディテーション(瞑想)などが注目を浴びるようになった現在、大きな可能性があります!


全米ヨガアライアンス認定校を卒業すると・・・

※全米ヨガアライアンスに、ヨガインストラクターとして登録することができます。
<全米ヨガアライアンス登録インストラクター>

※全米ヨガアライアンスに、あなたの情報が掲載されるので、ヨガ教室などから連絡がくるかもしれません。
<全米ヨガアライアンス利点>


全米ヨガアライアンス認定を取得しても、結局は実力次第となります。 これはヨガのことだけでなく、他の分野でも同じでしょうが・・・

しかし、全米ヨガアライアンスは、現在世界で唯一認められているヨガの資格でありヨガインストラクター(指導者)として活躍するには必要なものだといえます。 

そして、もっとも大切なのは、資格取得というより、当たり前のことですが、ヨガをしっかり学ぶということです! 
しっかり学べるヨガインストラクター養成講座
を選び全米ヨガアライアンス認定を取得すれば、ヨガインストラクターとして成功するチャンスは広がります。

ブランド、名前や資格にこだわらず、ヨガインストラクター養成講座の中身を見極めることが大切です。

日本では、直接インドからではなく、欧米経由でのエクササイズ的なポーズ中心のヨガが広く行われています。 そういった学校では、たとえ全米ヨガアライアンス認定校であっても本来のヨガをトータルで学べるかは疑問が残ります。

もし、ヨガ風エクササイズではなく、本来のヨガをトータルで学びたいのであれば、そういったポーズ中心の学校や養成コースは避けたほうが賢明でしょう。

ポーズを教えるポーズインストラクターはすでにたくさんおり、いまから学んでも指導するヨガ教室・スタジオを見つけるのが難しいかもしれません。 一方で、本来のヨガ、King of Yoga(ヨガの王道)をトータルで指導できるヨガインストラクターはあまりいないので、これからの分野であり、今後活躍するチャンスが大いにあるでしょう!


全米ヨガアライアンス認定校で、基準に従ってヨガインストラクター養成講座を修了することにより、ヨガインストラクターとしてある一定レベルを満たしているということができます。

全米ヨガアライアンスの認定を受けるには、約200時間の学びが必要となります。 200時間というと、集中的に毎日受けたとしても約1ヶ月は必要です。 簡単なものではありません。

したがって、全米ヨガアライアンスの認定どうこうというより、200時間学んだことがヨガインストラクターとしての自信になるでしょう!

さらに、繰り返しになりますが・・・ヨガインストラクターとして活躍するには、全米ヨガアライアンスうんぬんよりも、ヨガインストラクター養成講座の内容を見極め、そして少人数(1クラス6名程度)でしっかり学べる講座を選ぶことが非常に大切です。


そして、何よりもご自身の気持ちが重要なのはいうまでもありません。

いくら素晴らしい内容の講座であっても、受ける側の気持ちや態度が整っていなければ得るものは少ないでしょう。  逆に、受ける側の気持ち、態度が素晴らしければ、どんな講座であっても得るものは大となります。

結局は、あなた自身がどう考え、どう行動するかです。 あなたの人生はあなた自身が決めることができます! しっかりした気持ちを持ってヨガを学べば素晴らしいものを得ることができます。


「超美人ヨガ(AnandaYoga)」は、全米ヨガアライアンスの認定校です。 私どものヨガインストラクター養成コースを終了すれば、全米ヨガアライアンスのヨガインストラクター(Registered Yoga Teacher: RYT)として登録することが可能です。

AnandaYogaでは、参加いただいた方が皆様、しっかりと本来のヨガ:King of Yoga(ヨガの王道)を学んでいただけるように少人数(1クラス6名限定でクラスを開催しています。

ヨガインストラクター養成について詳しくはこちら

<全米ヨガアライアンス認定の利点> <全米ヨガアライアンス認定校の学習項目>
<全米ヨガアライアンス登録インストラクター> <全米ヨガアライアンス認定校>