E-RYTについて|超美人ヨガ(AnandaYoga)インストラクター養成














全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター養成指導者
Experienced Yoga Teacher(E-RYT) 

全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成指導者(E-RYT)

全米ヨガアライアンスにおいて、E-RYT(Experienced Registered Yoga Teacher)という認定があります。 これは、一般的なRYT(Registered Yoga Teacher)とは全く違ったものです。

ヨガインストラクター養成講座を選ぶときに、だれから学ぶかは非常に重要です。 十分なヨガの経験と知識を持った先生から学ばなければ、資格を取得しても自信をもって教えることができません。

そして、その誰から学ぶかと考えた時の1つの基準となるのが、E-RYT(Experienced Yoga Teacher)となります。 これはヨガインストラクター養成講座の先生として最低限持っていなければならないものです。

あなたが受けようとするヨガインストラクター養成講座の先生がE-RYTを持っているかどうかは最初に確認すべきことです。 HPで先生の経歴などが掲載されているはずです、そこでE-RYTを持っているかどうかすぐわかるでしょう。

E-RYTを持っている先生は誰なのかを確認し、少なくともその先生がヨガインストラクター養成講座の大部分を担当していることが大切です。

但し、E-RYTを持っていれば安心かといえばそうではありません。 これはあくまでも1つの基準です。
E-RYT以外でも、その先生が書籍を出版しているかや、その教室に雇われている先生ではなく、その教室を自ら立ち上げたりした代表する先生なのかなどチェックすることは大切です。


E-RYTとRYTの違い

全米ヨガアライアンスのRYTは、一般の人にヨガを教えるための認定です。 RYTの認定により、一般の人にヨガを教えるレベルにあることを証明しています。

RYTの認定を受けるには、全米ヨガアライアンスの認定校で規定の学習を終えることが必要です。 その後、RYTとして全米ヨガアライアンスに登録することができます。

一方で、全米ヨガアライアンスのE-RYTは、ヨガインストラクターを養成するための指導者としての認定です。 先生の先生の認定なのです。 したがって、E-RYTになるためには、いくつかの条件をクリアしなければなりません(下記参照)。

@全米ヨガアライアンスのRYTとなって、2年以上が経過していること。

A全米ヨガアライアンスのRYTとなってから、1,000時間以上のヨガの指導経験があること。

特に、Aの条件は非常に重要であり、大変なことでもあります。 全米ヨガアライアンスの認定を受けている人は数多くいますが、1,000時間以上のヨガの指導経験がある人は、それほど多くないかもしれません。




E-RYTから指導を受ける
もし、全米ヨガアライアンスの認定を目指すのであれば、E-RYTからの指導を受けなければなりません。 単なるRYTの人からの指導だけでは、全米ヨガアライアンスの認定を受けることはできません!

200時間のコースであれば、そのすべてをE-RYTから受けなければならないということではありません。 しかし、ヨガスクールによっては、多くの時間ををE-RYTが行うという質の高いヨガインストラクター養成講座もあります。 誰が指導をするのか?はヨガインストラクター養成を選ぶ上で確認すべき重要なことです。

<ポイント>
ヨガインストラクター養成講座を選ぶときは、E-RYTから多く学べるスクールを選ぶ!

注意!)
10名以上募集の大量養成校では複数の先生がいる場合があります。 その中には、E-RYTではない先生が多くいるかもしれません。  全米ヨガアライアンスの認定校で学んでも、E-RYTの資格のある先生から学ばなければ全米ヨガアライアンスの登録ができません! 必ず誰がE-RYTなのかは確認し、その先生から学ぶようにしましょう!


全米ヨガアライアンスのRYTからの指導と、E-RYTから指導を受けるのとでは、その指導経験や知識など大きな違いがあるのは言うまでもありません。 

最後に、E-RYTは1年更新制なので、その人が毎年更新し、全米ヨガアライアンスに登録しているかは重要です。 例えば、2017年はE-RYTとして登録していても、2018年に登録していなければ、その人はE-RYTではなくなっており、その人からいくら指導を受けても全米ヨガアライアンスの認定を受けることはできません。 E-RYTになるとそれを証明するカードをもらいますので、それを見せてもらい、資格有効期間を確認することができます。

「超美人ヨガ(AnandaYoga)」代表であり、ヨガインストラクター養成講座の指導者でもある代表のUpkar(ウプカル)は、もちろん全米ヨガアライアンス認定のインストラクター養成指導者(E-RYT)です。 2017年までにヨガインストラクター養成講座の指導経験が5,000時間以上あります。

※この指導経験は一般の生徒さんを教えた指導経験ではなく、ヨガインストラクター養成講座の生徒さんを教えたものです。 E-RYTで、その指導経験が一般の生徒さんを教えて1,000時間以上あったとしてもヨガインストラクター養成講座を教える知識と能力があるかどうかは疑問が残ります。

<ポイント>
E-RYTの同じ指導経験でも、一般のヨガクラスの指導経験とヨガインストラクター養成の指導経験は全く違います。 ヨガインストラクター養成講座を選ぶ場合は、その先生のヨガインストラクター養成講座の指導経験を確認しましょう!


ヨガインストラクター養成講座では、一般の生徒さんを教えた経験ではなくヨガインストラクター養成講座での指導経験が3,000時間以上ある先生から学びましょう!

さらに、その先生が本を出版するくらいのヨガのプロフェッショナルかどうかも重要なポイントです。 本を出版できるというのは、その分野での知識が体系的に理解できており、それを教えることができる能力があることを示しているものです。 それは、その分野での第一人者(プロフェッショナル)の証(あかし)です。

失敗しないヨガインストラクター養成の選び方では、誰から教わるか(先生の実績)が問題!

@最低限の条件として、E−RYTを毎年更新していること!
Aヨガインストラクター養成の指導時間が3,000時間以上であること!
Bヨガに関係する本を出版していること!


以上のような先生から学ぶことが、皆さんがヨガインストラクターとして活躍する重要なポイントです。



<ヨガインストラクター養成TOP>